タイトル等
泉屋博古館分館 開館10周年
神秘のデザイン
―中国青銅芸術の粋―
会場
泉屋博古館分館
会期
2012-01-07~2012-02-26
休催日
月曜日(ただし、1月9日は開館、1月10日は休館)
開催時間
午前10時~午後4時30分
入館は午後4時まで
観覧料
一般520円(420円)/学生310円(250円)/中学生以下無料
20名様以上の団体の方は( )内の割引料金 障害者手帳ご提示の方は無料
主催者
泉屋博古館分館
概要
分館開館10周年を記念して、住友コレクションのうちでも最高傑作として名高い中国青銅器の名品を展示します。
青銅器は中国で三千年以上にわたり連綿と使用された金属器です。とくに商周時代(紀元前16世紀~前221年)の青銅祭器は神々への捧げ物を入れる特殊な器で、他に類を見ない精緻な造形と文様とを具えています。さらに中国の精神文化を象徴するものとして、後世まで大切に扱われ、中国文化を代表する美術工芸品とされています。とくにその造形と文様は長らく金属工芸の規範とされ、宋時代以降の銅花器や銅香炉に受け継がれていきました。本展示では住友コレクションの中核をなす商周青銅祭器を中心に、漢時代以降に高級調度品として製作された青銅器を陳列し、古代から近世に至る中国青銅器の全貌をご紹介いたします。
イベント情報
■ギャラリートーク
1月21日・2月11日の土曜日 各午後2時より~
ホームページ
http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index.html
会場住所
〒106-0032
東京都港区六本木1-5-1
交通案内
[東京メトロ]
南北線 「六本木一丁目」駅下車・北改札1-2番出口より屋外エスカレーターで 3分
日比谷線 「神谷町」駅下車・4b出口より 徒歩10分
銀座線 「溜池山王」駅下車・13番出口より 徒歩10分
ホームページ
http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/
東京都港区六本木1-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索