タイトル等
コレクション展
古筆切
ともに楽しむために
会場
根津美術館
展示室1
会期
2011-07-13~2011-08-14
休催日
月曜日 ただし7月18日は開館、翌19日閉館
開催時間
午前10時~午後5時
入場は午後4時半まで
観覧料
一般1000円、学生800円
*中学生以下は無料
*コレクション展「伊万里・柿右衛門・鍋島」の会期中(5月28日~7月3日)、ミュージアムショップにて前売り券(各100円引き)を販売します。
概要
古筆切とは、一般に平安~鎌倉時代の貴族の贈答品であった歌書の巻物や冊子が、1紙、1頁、さらには数行に切断分割されたものを指します。室町時代以降、茶の湯の掛物や、手鑑(筆跡アルバム)に仕立てて鑑賞しようとする、多くの人々の需要に答えて分割されたものでした。やがて、これら歌切のほか、経切や記録切などその内容は多様化します。
この展覧会では、根津美術館所蔵の古筆切の掛物や手鑑約45件を展示し、ともに楽しむために分割された古筆切の、切断の事情や命名の由来に思いを馳せるとともに、それぞれの古筆切固有の美しさをお楽しみいただきます。
イベント情報
2011年7月23日(土) 特別講演会1「古筆はなぜ切られたか?」
2011年7月30日(土) 特別講演会2「古筆の筆づかい」
2011年7月15日(金) ギャラリートーク
2011年7月29日(金) ギャラリートーク
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/past2011_n05.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索