タイトル等
津高 和一
ねこがみた現代美術
会場
芦屋市立美術博物館
会期
2012-01-04~2012-02-19
休催日
月曜日(ただし祝日の場合は翌火曜日休館)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般300(240)円、大高生200(160)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金
※芦屋市内に居住する高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびにその介護の方は各当日料金の半額
主催者
芦屋市立美術博物館
協賛・協力等
特別協力:吉野晴朗(写真家)、ジュンク堂書店
協力:株式会社ゴードー、ニューカラー写真印刷株式会社、KONTA Inc.
後援:兵庫県、兵庫県教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、財団法人 兵庫県学校厚生会、神戸新聞社、NHK神戸放送局、サンテレビジョン、J:COM神戸・芦屋、ラジオ関西
概要
抽象絵画のパイオニア・津高和一は、大阪に生を受け、西宮で育った阪神ゆかりの画家です。静謐な画面の中に静かに発露する津高の精神は、生誕から100年を経た現代においても色褪せることなく、光彩を放っています。
絵筆を握るより先に詩作の世界に入った津高の画業は、力強い線的表現と色調を抑えた表現に代表されますが、叙情性に溢れ、観る者を静かに心象世界へと誘うようです。
こうした画風とともに津高は大の愛猫家としても知られ、10匹ほどのねこたちと暮らしながら制作に邁進しました。
本展では、写真家・吉野晴朗撮影による、津高に愛され、津高と共に生きたねこたちの写真を作品と同時に展覧し、津高芸術を培った背景に迫ります。
イベント情報
モーニング・コンサート
2月5日(日) 午前11時~
演奏:井上登紀(フルート)/今尾淑代(ハープ)
無料(要展覧会チケット)

ギャラリー・トーク
1月21日(土)、2月4日(土) 午後2時~
当館学芸員による展示解説。本展に写真をご出品いただいた吉野晴朗氏と共に展覧会をご案内します。
無料(要展覧会チケット)
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/exhibition/exhibition_next/1483.html
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索