タイトル等
小野耕石 展 泳ぐ深閑 - 映発
会場
奈義町現代美術館
会期
2010-11-20~2010-12-12
休催日
月曜日、祝日の翌日
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
観覧料
一般・大学生200円(高校生以下・75歳以上は無料)
※但し、常設との共通の場合は通常料金700円でご覧頂けます。
概要
奈義町現代美術館では、岡山県出身の版画家小野耕石(1979年~)の、地元・岡山での初個展となる展覧会を開催します。
小野は、大学在学中から、版画の特質である「エディション(複数性)」を中心に、さまざまな実験的表現を試み続け、独自の版画による表現様式を追求している作家です。「版画」の持つ可能性に揺さぶりと広がりを与えることを芸術的表現の目的として自らに課し励んできました。
小野がよく用いる版画手法は、ドット(点)を版下として描き、そのドットを同じ位置に100版程度刷り重ねていく表現様式で、他の美術作品の模倣に留まるものではなく、ある種「限界芸術」とも言える独自の視点から制作されており、今後の美術界において重要な役割を果たす可能性を秘めています。
今回の展示では、昨年春に東京・銀座の資生堂ギャラリーで発表され話題になった、平面作品をより進化させた新作と、平面から派生して生まれてきた立体作品とで構成されています。中でも、インクと鹿の頭蓋骨等を使い、自然美と人工美との境界を表現している立体作品は、版画技法の幅や、モノの考え方、捉え方一つで表現方法がいくらでも展開でき、あらゆる可能性を創造することができるということを実証しています。
観る人に芸術表現の一つの在り方を問うと同時に、小野の創り出す豊かな作品世界を体感していただくことを期待しております。
ホームページ
http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/
展覧会問合せ先
0868-36-5811
会場住所
〒708-1323
岡山県勝田郡奈義町豊沢441
交通案内
① JR津山線 (所要時間:岡山より約1時間40分)
JR岡山駅 ―(津山線)― 津山駅 ―(中鉄バス、タクシー)― 美術館

② 智頭急行/智頭線 (所要時間:新大阪より約2時間40分)
JR新大阪駅 ―(特急スーパーはくと)― 智頭駅 ―(タクシー)― 美術館

③ 航空機 (所要時間:岡山空港より約1時間40分)
岡山空港 ―(リムジンバス)― 津山駅前 ―(中鉄バス、タクシー)― 美術館

⑤ ハイウェイバス (所要時間:大阪より約2時間50分)
大阪駅発、新大阪駅経由 ―(中国縦貫自動車道ハイウェイバス)― 美作インター停留所 ―(豊沢交通、タクシー)― 美術館
ホームページ
http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/
岡山県勝田郡奈義町豊沢441
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索