タイトル等
結城英子-あふれる色彩、植物と街
会場
横須賀美術館
会期
2010-10-02~2010-12-12
休催日
10月4日(月)、11月1日(月)、12月6日(月)
開催時間
10:00~18:00
観覧料
一般300(240)円、高大生・65歳以上200(160)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
概要
横須賀出身の結城英子(1921-2001)は、女子美術専門学校(現女子美術大学)で絵を学び、海老原喜之助(1904-1970)などに師事しました。1944(昭和19)年に結婚。夫が画家として生きることに反対したため、深まる夫婦間の確執に苦しみながらも精力的に制作を続け、自由美術協会展などに出品しました。戦中戦後の困難な状況下、結城は持ち前の好奇心と忍耐力で家庭と自己探求の世界を両立させます。
子供の独立を機に40代で武蔵野美術学園に入学し、今まで溜め込んでいた「描きたい」という欲求をぶつけるように、8年間ひたすら制作に打ち込みました。学校の課題をこなす一方で、次第に植物、街といったモティーフに強い関心をよせるようになります。草花、家屋の連なり、街の風景など身近な対象に目を向け、独自の色彩感覚を発揮した作品を多数残しました。しばしば作品にあらわれる清爽な青は結城が特に好んだ色であり、明快な構成で描かれた植物や風景は、画業後半期の作風を最も特徴づけるモティーフです。
本特集では、画業の再スタートをきった1969(昭和44)年以降の作品を展示し、結城英子の魅力をご紹介いたします。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp
展覧会問合せ先
tel:046-845-1211 fax:046-845-1215
会場住所
〒239-0813
神奈川県横須賀市鴨居4-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

■東京・横浜方面からお越しの場合、品川駅もしくは横浜駅から 京浜急行線 がオススメです。
■逗子・鎌倉・藤沢など神奈川県西部からお越しの場合、JR横須賀線 がオススメです。

【京浜急行線をご利用の場合】
・「馬堀海岸」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24、堀24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約10分) 下車、徒歩約2分。
料金:250円 (交通ICカード利用の場合 247円)

・「浦賀」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (浦3、堀25) 終点「観音崎」(約15分)下車、徒歩約5分
料金:220円 (交通ICカード利用の場合 216円)

【JR線をご利用の場合】
・「横須賀」駅 3番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約35分) 下車、徒歩約2分。
料金:410円 (交通ICカード利用の場合も同じ)

*最寄駅からタクシーをご利用の場合
・京浜急行線「馬堀海岸駅」から約7分 料金1,500~1,600円程度
・京浜急行線「浦賀駅」から約10分 料金1,700~1,800円程度


お車をご利用の場合

・横浜横須賀道路 馬堀海岸ICから 3km (約5分)
・横浜横須賀道路 横須賀ICから 11km (約35分)、本町山中有料道路を経て国道16号を東進

⇒カーナビを利用される方は、まだ登録をされていない場合がありますので、「観音崎京急ホテル (横須賀市走水2-1157-2)」を目的地に設定してください。
美術館は観音崎京急ホテルの斜向かいになります。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp/
神奈川県横須賀市鴨居4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索