タイトル等
名所江戸百景-追憶の情景-
会場
中山道広重美術館
会期
2010-09-30~2010-11-28
休催日
月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、10/26
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人/800円(650円) 小・中・高校生/500円(400円)
※( )は20名以上の団体料金
概要
歌川広重は、幕末に名所絵を描き、葛飾北斎とともに浮世絵に風景画というジャンルを確立させました。広重は全国の名所絵を残していますが、最も数多く描いたのは江戸名所でした。中でも≪名所江戸百景≫は、江戸名所の集大成とも言えるシリーズで、初代広重筆118点に、二代広重筆1点、梅素亭玄魚( ばいそていげんぎょ)筆による目録1点を含めた120点からなる大作です。これは、広重晩年の代表作であり、没年まで書き続けられました。この中で広重は、近景と遠景の極端な対比や、拡大されたモティーフの切断などといった視覚上のおもしろさ、また、当時最高潮に達していた彫り・摺りの技術を駆使するなど、工夫を凝らしています。一方、シリーズ中、「大はしあたけの夕立」「亀戸梅屋舗」は、ゴッホが油彩画で模写したことでも知られ、これらは、ジャポニスムを象徴するものとしても、しばしば取り上げられます。
この展覧会では、≪名所江戸百景≫全点を二期に分けて展示いたします。斬新な構図、何気ない江戸の風景など、江戸に生まれ、江戸を愛した広重の江戸への想いが込められた作品の数々をご堪能ください。

前・後期で全点展示替えいたします。
<前期>9/30(木)~10/24(日)
<後期>10/27(水)~11/28(日)

ホームページ
http://museum.city.ena.gifu.jp
展覧会問合せ先
美術館事務室 0573-20-0522
会場住所
〒509-7201
岐阜県恵那市大井町176-1
交通案内
お車でお越しの場合
・東京から
東名高速道路で4時間30分 または 中央自動車道で3時間30分
・名古屋から
国道19号で1時間45分 または 中央自動車道で1時間
・岡谷JCから
中央自動車道で1時間30分

電車でお越しの場合
・名古屋から JR中央本線で約1時間 恵那駅から 南へ徒歩約3分
ホームページ
http://hiroshige-ena.jp/
岐阜県恵那市大井町176-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索