タイトル等
本郷 仁「視覚・光覚」展
会場
砺波市美術館
会期
2011-02-05~2011-03-06
休催日
月曜日
開催時間
午前10時から午後6時まで
主催者
砺波市美術館、北日本新聞社
概要
地方において従来の価値にとらわれない、自由で旺盛な活動を展開する作家を取り上げ、同時代の美術がもつ多様な状況を紹介します。12回展となる今回は、富山市在住の立体造形作家 本郷 仁(ほんごう・じん 1964~)さんの作品展を催します。

至高の精神展 IN SPIRITU ALTISSIMO (イン・スピルツ・アルティシモ)は、多様な展開を見せる現代美術の分野で活躍している作家を紹介する展覧会です。第12回目となる今回は、富山市在住の立体造形作家 本郷 仁氏の作品を紹介します。

本郷氏は、1964年秋田県秋田市に生まれます。大学時代に美術鋳物との出会いから様々な工芸美術に興味を持つようになり、卒業後は東京ガラス工芸研究所に学びます。1991年に富山ガラス造形研究所に助手として赴任し、多くの作家と出会うこととなり刺激を受けながら造形作品を制作してゆきます。

活動の初期から野外展にも積極的に参加し、ガラスと金属という異素材を組み合わせた立体作品を発表し、そのガラス工芸の既成概念を破るスケールの大きな造形力は注目を集めていました。

2004年頃から造形素材として板ガラスや鏡などの工業的な材料を使用し始め、ガラスの板材を整然と幾何学的に構成し、その連続した形状や光学的効果を通して、視覚と形態の関係をテーマとした作品を展開しています。

近年は、鏡の特性である映り込みと反射に関心を寄せ、鑑賞者が作品を介して“見ること”を再考する作品を制作し表現の幅を広げています。

今回の展覧会では、近作を含めた作品構成で本郷 仁の世界を紹介します。
ホームページ
http://www.city.tonami.toyama.jp/shisetsu/bijyutu/bijyutsu.html
会場住所
〒939-1383
富山県砺波市高道145-1
交通案内
・北陸自動車道・砺波I.C.から 車で5分

・JR北陸新幹線「新高岡駅」、あいの風とやま鉄道「高岡駅」より JR城端線に乗り換え20分、「砺波駅」下車、徒歩20分
ホームページ
http://www.tonami-art-museum.jp/
富山県砺波市高道145-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索