タイトル等
潮隆雄タピスリー近作展
会場
田辺市立美術館
会期
2010-09-25~2010-11-07
休催日
月曜日(祝日・振替休日のときはその翌日)、祝日の翌日
開催時間
午前10時~午後5時(ただし、入館は4時30分まで)
観覧料
一般210(160)円、大高生150(120)円、中小生100(70)円
※( )内は20名以上の団体料金
概要
日本では数少ないタピスリーによる造形表現の第一人者、潮隆雄の近年20年間の制作活動を紹介する小企画展を開催します。
1938(昭和13)年、田辺市に生まれた潮は、京都市立美術大学(現・芸術大学美術学部)工芸科で稲垣稔次郎、小合友之助に師事し、卒業後本格的にタピスリーの制作に取り組みました。1961(昭和36)年、第4回新日展にタピスリー《水映》が初入選して以来、日展、日本現代工芸美術展を主な発表の場とし、日展特選、日展会員賞、現代工芸会長賞など数々の受賞を重ね、本年の日本現代工芸美術展では、出品作《波走る枯木灘》が文部科学大臣賞を受賞しました。
制作の初期から確かな織の技術を駆使し、抽象的な形態に心象を託す独特の表現を築いてきましたが、90年代以降はモチーフに具体的な形象が浮かび上がるようになり、限定された色彩と、幻想的ともいえる洗練された表現の世界を拓いています。
この20年間に展開された潮隆雄のタピストリー制作を約30点の代表的な作品によって振り返ります。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/
展覧会問合せ先
Tel.0739-24-3770 Fax.0739-24-3771
会場住所
〒646-0015
和歌山県田辺市たきない町24-43
交通案内
「JR紀伊田辺駅」・「JR白浜駅」・「南紀白浜空港」から明光バスで、
「南和歌山医療センター前」または「新庄紀南病院前」下車、徒歩5分。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/
和歌山県田辺市たきない町24-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索