タイトル等
絵のなかに生きる -中・近世の風俗表現
会場
根津美術館
会期
2010-11-23~2010-12-23
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
観覧料
一般 1000円(800円)、学生 800円(600円)
*( )は20名以上の団体/中学生以下は無料。
*受付にて障害者手帳をご呈示いただきますと、ご本人様と同伴者1名様まで、団体料金にてご入館いただけます。

概要
さまざまな人の姿を描いた屏風や絵巻、掛幅など室町時代から江戸時代中期にいたる絵画の優品約30点を展示します。
日々の営みや遊び、行事にたずさわる人間の姿、すなわち風俗の表現は、絵画において重要な位置を占めてきました。日本でも古く古墳壁画に宮廷女性の様子が描かれたのをはじめ、物語絵巻の主題や添景として多様な人の姿が描かれ、それらは中世末期以降は名所絵や都市図のなかに散りばめられました。
そうしたなかで、風俗そのものに焦点をあてた作品も制作されるようになりました。とくに桃山時代から江戸時代初期(17世紀前半)は風俗画が飛躍的に発展し、制作された時代を冠して寛永風俗画と呼ばれる作品群も生まれました。
本展では、寛永風俗画の優品「風俗図(重要美術品)や桃山時代の作品「宇治橋図屏風」などに描かれた風俗表現に目を向け、中・近世の絵画を楽しんでいただきます。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
展覧会問合せ先
ハローダイヤル03-5777-8600
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索