タイトル等
草間彌生展 ワタシというナニモノかへの問い
会場
武蔵野市立吉祥寺美術館
会期
2010-09-18~2010-11-07
休催日
9/29、10/27
開催時間
10:00~19:30
観覧料
100円(小学生以下、65歳以上、障害者の方は無料)
主催者
武蔵野市立吉祥寺美術館
概要
大画面上で無尽に増殖・拡張する網目模様や水玉模様のペインティングによってニューヨークで鮮烈なデビューを果たした草間彌生は、物体や空間を突起状の立体で多い尽すインスタレーションや斬新なパフォーマンスなどによって1960年代のアメリカ前衛美術の魁をなしていなした。現在に至るまで、その精力的な創作活動は止まることなく変化し続け、日本を代表する世界的な前衛芸術家として広く注目されています。
本展覧会は、松本市美術館所蔵の草間彌生作品の中から、草間芸術が濃厚に反映された1970年代以降のコラージュと版画を、美術作品とともに高い評価を受けた作家自身の文章とあわせて展示いたします。本展を通して、描かれた作家の幼少体験や身体感覚から草間芸術のインスピレーションの源を知る手掛かりを得るだけでなく、インスタレーションや大型の絵画作品とは異なる草間彌生の芸術的世界観をより深く感じていただければ幸いです。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/index.html
展覧会問合せ先
0422-22-0385
会場住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
交通案内
JR中央線、京王井の頭線「吉祥寺駅」下車徒歩約3分。
美術館専用の駐車場はありません。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索