タイトル等
秋野不矩・梶原緋佐子・北澤映月 三人展
会場
浜松市秋野不矩美術館
会期
2010-10-09~2010-11-14
休催日
10月18日、25日、11月4日、8日
開催時間
午前9時30分~午後5時
観覧料
大人800円、高校生500円、小中学生300円、70歳以上・障害者手帳所持者は半額
概要
日本画家の秋野不矩(あきのふく、1908‐2001年)、梶原緋佐子(かじわらひさこ、1896‐1988年)、北澤映月(きたざわえいげつ、1907‐1990年)は、京都画壇出身の女性画家です。三人とも京都で絵を学び、秋野と北澤は新人の登竜門として知られてきた京都市美術展覧会に作品を出品し、その実力を磨きながら認められてきました。秋野と梶原は、後に京都市美術展覧会の審査委員を務めるなど運営にも尽力しています。
また、秋野と梶原は昭和8年に大阪・京都の女流7人で結成した七草会のメンバーであり、昭和12年に結成の春泥社メンバーとしても互いに交流を深めています。
本展では、女性風俗や歴史上の人物を描き院展で活躍した北澤映月、下層の女性の生活に即した絵から出発して昭和に入り明るい色彩と明確な線で女性を描き、主に日展で活躍した梶原緋佐子、自身の子どもを描くことから始めて人物画に精力的に取り組み、後にインドをモチーフにした作品を制作した創画会の秋野不矩、これら三人の作品を通じて、京都画壇の女性画家の一時代を展覧します。
ホームページ
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/enjoy/culture_art/akinofuku/
展覧会問合せ先
053-922-0315
会場住所
〒431-3314
静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130
交通案内
●電車利用
◎JR[掛川駅]より 天竜浜名湖鉄道に乗り換え [天竜二俣駅]下車、徒歩約15分

◎JR[浜松駅]より 遠州鉄道に乗り換え [西鹿島駅]下車、
遠鉄バス[二俣・山東行]で[秋野不矩美術館入口](約7分)下車、徒歩約10分
[西鹿島駅]より タクシーで約7分

●車利用
◎新東名 [浜松浜北IC]から約10分、[浜松SAスマートIC]から約20分

◎東名 [浜松西IC]から約50分、[袋井IC]から約30分。
ホームページ
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/akinofuku/index.html
静岡県浜松市天竜区二俣町二俣130
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索