タイトル等
片岡球子展
会場
北海道立旭川美術館
会期
2010-06-05~2010-07-25
休催日
月曜日(ただし7/19は開館)、7/20
開催時間
9:30-17:00(入場は16:30まで)
観覧料
一般1000(800)円、高校・大学生600(500)円、小・中学生400(300)円
※( )内は前売り及び10名以上の団体料金
主催者
北海道立旭川美術館、札幌テレビ放送、北海道新聞社
概要
札幌生まれの片岡球子は、「日々勉強」を信条に画業に邁進し、2008年、103歳でこの世を去りました。
鮮やかな色彩、自由で大胆な形や構図といった個性溢れるその画風は、戦後の日本画壇に新風を吹き込みました。それはまた、故郷の厳しくも豊かな自然と精神的風土に培われた感性に根ざしたものと言えるでしょう。
北海道では没後初の大規模な回顧展となる本展では、初期の風俗画、伝統芸能や火山の連作、画家としての名声を不動にした「面構」連作、78歳からの裸婦連作など、代表作約50点を一堂に紹介します。さらに、画家の息吹を直に伝えるスケッチ17点を道内で初公開します。
北海道が誇る日本画家・片岡球子の絵画世界を心ゆくまでご堪能ください。
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.jp/hk-asamu/
展覧会問合せ先
TEL(0166)25-2577 FAX(0166)25-2539
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索