タイトル等
ダリの脳内探検ツアー
会場
鹿児島市立美術館
会期
2009-12-22~2010-02-07
休催日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月1日
観覧料
一般200円、高大生150円、小中生100円
(所蔵品展と共通。年間パスポートでもご覧いただけます。)
概要
シュルレアリスムの奇才サルヴァドール・ダリ(1904~1989)。彼はフロイトの精神分析を用いた『偏執狂的批判的方法』によって幻想的な空間を写実的に描き出し、没後20年を経た現在でもその人気は衰えることがありません。
当館では、ダリが30歳頃に制作した2つの作品を収蔵しています。1つは1933年に制作した油彩画《三角形の時間》で、当時彼を支援していたグループ「ゾディアック」のメンバーのために描かれた作品です。そしてもう1つは、ピカソの勧めのもとにスキラ社から依頼され、1934年に出版した銅版画集《マルドロールの歌》。シュルレアリストたちに影響を与えた、ロートレアモン伯爵による同名の散文詩の挿絵として制作されたもので、ミレーの《晩鐘》から着想を得たものや、やわらかい時計、愛妻ガラなど、油彩画でもおなじみのモチーフが登場します。
非合理な世界を緻密に描写したダリの絵画は、ただそれだけでも興味をかきたてられますが、彼が残した文章と照らし合わせながら見てみると、想像もできなかったようなダリの世界が広がります。この展覧会では、上記の作品をダリの言葉や他の作品図版を参照しながらご覧いただき、摩訶不思議なダリの脳内探検をお楽しみいただきます。
ホームページ
http://kagoshima.digital-museum.jp/artmuseum/
展覧会問合せ先
Tel 099-224-3400
会場住所
〒892-0853
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
交通案内
公共交通機関で来館の場合
■ カゴシマシティビューバス「西郷銅像前」下車、徒歩1分。
■ 市電「朝日通」、バス「金生町」下車、徒歩5分。
■ 鹿児島本線 鹿児島中央駅より、車で10分。
ホームページ
http://www.city.kagoshima.lg.jp/artmuseum/
鹿児島県鹿児島市城山町4-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索