タイトル等
所蔵品展
会場
岐阜県美術館
会期
2010-01-30~2010-04-18
休催日
月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
開催時間
午前10時から午後6時まで
(展示室の入場は午後5時30分まで)
毎月第3金曜日(夜間開館日)は午前10時から午後9時まで
(展示室の入場は午後8時30分まで)
観覧料
一般320円(団体260円)、大学生210円(団体160円)、高校生以下無料
※団体は20名以上から
概要
第1室
■洋画-昭和以降の日本の絵画(1月30日から)
昭和から現在までの、洋画の展開を辿ります。
矢橋六郎「ポルトガルの夏」、熊谷守一「ヤキバノカエリ」、荒川修作「裏から表へ」、田中敦子「'83B」

第2室
■ルドンのまなざし(1月30日から)
ルドン、そしてルドン作品の登場人物たちが眼を向けたものとは?
ルドン「花の中の少女の横顔」「まなざし」(前期)「黒い花瓶のアネモネ」(後期)

第3、5室
■特集:明治期の日本美術(1月30日から)
日本画、洋画を中心に明治期の日本美術をご紹介します。
明治美術会通常会員有志による画帖『小宴紀念』、山本芳翠「浦島図」、前田青邨「水墨襖絵」

第4室
■新春の工芸(1月30日から)
林景正「黄瀬戸胴紐茶碗」、荒川豊藏「志野茶碗 銘早春」「志野筍香合」、各務鑛三「花器 銘春陽」、荒川武夫「紅梅文鉢」

第6室
■生誕100年 守洞春(2010年1月30日から)(企画展示室の一部を使用)
飛騨を代表する版画家・守 洞春(1909-1985)の生誕100年を記念して、木版画の世界を新収蔵品を加えてご紹介します。
ホームページ
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27213/
展覧会問合せ先
TEL:058-271-1313
会場住所
〒500-8368
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
交通案内
■電車をご利用の場合

JR東海道線
JR「西岐阜駅」下車 → 徒歩で15分
JR「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス

名鉄
名鉄「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス


■バスご利用の場合

岐阜バス (有料)
(加野団地線) JR岐阜駅前 (6番乗場) または、名鉄岐阜駅前 (1番乗場)
→ 「県美術館」下車 (約15分)

西ぎふ・くるくるバス 大人:100円 小学生:50円
「西岐阜駅南口」乗車 (約5分) → 「県図書館・美術館」下車
1日7便 (復路約30分)


■自家用車の場合

名神高速道路
岐阜羽島インターチェンジから県庁方面に向かって北進約10km

東海北陸自動車道
岐阜各務原インターチェンジから国道21号線を西進約10km
ホームページ
http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp/
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索