タイトル等
川端康成コレクション展-文豪が愛した美の世界-
会場
茨城県近代美術館
会期
2010-04-10~2010-06-06
休催日
毎週月曜日 〔ただし、5月3日(月祝)は開館、6日(木)休館〕
開催時間
午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
観覧料
一般1,050(950)円/高大生830(700)円/小中生470(350)円
*( )内は20名以上の団体料金
*満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は入場無料
*毎週土曜日は高校生以下入場無料(学校の長期休業期間を除く)
主催者
茨城県近代美術館,財団法人川端康成記念會
概要
川端康成は戦後,美術作品が市場に流出するなか,独自の審美眼で池大雅,与謝蕪村の競作「十便十宜図」(国宝)や浦上玉堂「凍雲篩雪図」(国宝)をはじめとする書画,陶器,漆器などを蒐集しました。また川端は文壇だけではなく洋画家の古賀春江や日本画家の安田靫彦,東山魁夷などとも交流し,それら親交のあった同時代の画家たちの作品がコレクションに特徴を与えています。
本展では川端の心を支え,創作にも寄与した美術品,身辺で愛した文房具,文学作品の装丁,親交のあった画家たちの絵画,文豪たちと交わした書簡などを紹介し,美術と文学の融合を楽しんでいただきます。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
展覧会問合せ先
茨城県近代美術館Tel.029-243-5111
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索