タイトル等
小村雪岱展
遥かな江戸の面影
会場
資生堂アートハウス
会期
2009-10-02~2009-12-20
休催日
月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
観覧料
無料
概要
資生堂アートハウスでは、挿絵や装丁、舞台美術の分野で独自の世界を確立した日本画家、小村雪岱(こむら せったい・1887-1940年)の作品展を開催いたします。
小村雪岱(本名・泰助)は埼玉県川越市に生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)の下村観山教室に学びました。卒業後は国華社にて古画の模写に従事し、1918年から1923年までは発足間も無い資生堂意匠部に所属、和風のデザインを担当するほか、現在も使用されている「資生堂書体」の基本を作った一人として活躍しています。
日本画家としての素養を十分に積んだ雪岱でしたが、1914年に手がけた泉鏡花著『日本橋』の装丁で高い評価を得、その後1933年に邦枝完二が東京朝日新聞に連載した小説『おせん』で挿絵画家としての地位を不動のものとしました。本展では、その存在は広く知られながらも、全作品の所在が長らく不明であった『おせん』新聞連載時の挿絵原画の中から4点を公開いたします。また、舞台装置下図、版画、装丁本、資生堂在籍時代の作品などを併せた70余点を展示し、遥かに過ぎ去った美しい江戸の風俗、面影を叙情に満ちた筆で再現した小村雪岱の世界をご紹介いたします。
ホームページ
http://www.shiseido.co.jp/art-house/
展覧会問合せ先
0537-23-6122
会場住所
〒436-0025
静岡県掛川市下俣751-1
交通案内
JR「掛川駅」下車、南口より タクシーで5分、徒歩25分。

バス「掛川駅」南口より、市街地循環線(南回り)、「資生堂アートハウス 入口」下車。
※「掛川駅」南口からの所要時間は、下車後の徒歩を含め、約15分。

東名高速 「掛川IC」より車で7分。 新東名高速 「森掛川IC」より車で30分。
ホームページ
http://www.shiseido.co.jp/art-house/
静岡県掛川市下俣751-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索