タイトル等
長崎の興福寺
文化交流展トピック展示
会場
九州国立博物館
会期
2009-08-19~2009-09-27
休催日
月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)ただし、9月21日は開館
開催時間
9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般 420円(210円)/大学生 130円(70円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障害者手帳等をご提示下さい。
概要
長崎最古の唐寺・東明山興福寺(とうでら・とうめいざんこうふくじ)は元和6年(1620)に中国から渡来した真円(しんえん)が同9年に媽祖像(まそぞう)を安置するための小庵を結んだのが始まりとされています。
その後、多くの渡来僧が集まり、承応3年(1654)には中国の禅僧・隠元隆琦(いんげんりゅうき)が興福寺に入り、日本における黄檗宗(おうばくしゅう)の礎が築かれました。隠元を始めとする渡来僧は、布教のかたわら当時最新の中国文化を直接伝え、多くの日本人僧俗の関心を集めました。
本トピック展示は、長崎の興福寺に伝わる貴重な文化財の一部を展示し長崎における中国文化の受け入れ基盤として機能した唐寺の歴史的・文化的役割の一端を紹介いたします。
ホームページ
http://www.kyuhaku.jp
展覧会問合せ先
050-5542-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒818-0118
福岡県太宰府市石坂4-7-2
交通案内
【西鉄電車】
西鉄福岡(天神)駅から 西鉄天神大牟田線(特急約13分 / 急行約17分)で 西鉄二日市駅乗り換え、西鉄太宰府線(約5分)で 西鉄太宰府駅下車、徒歩約10分 ※特急/急行料金不要

【JR】
JR博多駅から JR鹿児島本線(快速約15分)で JR二日市駅下車、JR二日市駅から 西鉄二日市駅(徒歩約12分、バス約5分)、西鉄二日市駅から 西鉄太宰府線利用

【西鉄バス】
博多バスターミナル(1階11番のりば太宰府行き)から 西鉄太宰府駅下車(所要時間約40分)、徒歩約10分

【九州自動車道】
太宰府IC または 筑紫野ICから 高雄交差点経由で 約20分

【福岡都市高速】
水城出口から 高雄交差点経由で 約20分

【タクシー利用】
JR二日市駅から 約15分・福岡空港から 約30分
ホームページ
http://www.kyuhaku.jp/
会場問合せ先
【NTTハローダイヤル】 050-5542-8600
福岡県太宰府市石坂4-7-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索