タイトル等
海のシルクロードの出発点福建
-沈没船、貿易都市、陶磁器、茶文化-
会場
山口県立萩美術館・浦上記念館
会期
2009-08-29~2009-10-12
休催日
月曜日(ただし9月21日(月)、10月12日(月)は開館)
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般1,000(800)円 70歳以上の方・学生800(600)円
()内は前売りおよび20名以上の団体料金です。なお、18歳以下の方、および高専学校、中等教育学校、特別支援学校に在学する生徒は無料です。
主催者
海のシルクロードの出発点“福建”萩展実行委員会(山口県立萩美術館・浦上記念館、毎日新聞社、tysテレビ山口)
概要
中国の東海(東シナ海)・南海(南シナ海)の接点に位置する福建省。交易の拠点として栄えると、「泉州」「福州」「しょう州」「厦門」などの大貿易都市が築かれた。
福建の海外交流は、晩唐から五代・びん国の頃に盛んとなり、宋・元代には中国を代表する貿易拠点となった。そこには唐末以後移り住んできたイスラーム商人(アラビア・イラン系)の存在もあった。
13世紀にこの地を旅したとされるマルコポーロは、「東方見聞録」の中で泉州を世界最大の海港と記し、その繁栄ぶりを称えています。また明代晩期(17世紀)には『国姓爺』として呼ばれた鄭成功が福建沿岸を拠点として反清活動や貿易を行い、日本とも深いかかわりを持っています。
この地で生み出されたさまざまな文化や工芸品は、東アジアの海を渡って世界に広がっています。宋代に福建で生産された茶と茶道具は、中国国内で高い評価を得ただけでなく、日本など海外の茶文化にも大きな影響を与えました。また福建産の陶磁器も盛んに海外に輸出され、世界各地の陶磁生産に強い影響を与えています。
本展覧会は、福建省沿岸の海で発見された沈没船から引き上げられた陶磁器、貿易都市で発見された国際色豊かなさまざまな文物、福建で生産された輸出用の陶磁器、茶道具などを通じて、海のシルクロードの拠点・福建の歴史と文化を紹介します。
ホームページ
http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/
会場住所
〒758-0074
山口県萩市平安古町586-1
交通案内
◆ 萩市内から美術館へのアクセス

●萩・明倫センターから徒歩約5分、または萩バスセンターから徒歩約12分
●JR 東萩駅から タクシー約7分
●JR 玉江駅から 徒歩約20分
●JR 萩駅から 萩循環まぁーるバス(西回り:晋作くん)約30分

※市外からバスでお越しのお客様は、萩・明倫センター、または萩バスセンターで下車されるのが便利です。
※萩循環まぁーるバスは、萩市役所を起点に松陰神社方面をめぐる東回りと城下町方面をめぐる西回りの2つのコースがあります。美術館からは、西回りバス停「萩美術館 浦上記念館・萩城城下町入口」のご利用が便利です。
ホームページ
http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/
山口県萩市平安古町586-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索