タイトル等
中世の造形-鎌倉~室町時代の日本工芸
文化交流展示室トピック展示
会場
九州国立博物館
会期
2009-06-24~2009-08-02
休催日
月曜日(ただし、7月20日は開館)
開催時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
文化交流展観覧料
一般420円(210円)
大学生130円(70円)
※()内は20名以上の団体料金
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障害者手帳等をご提示ください。
概要
工芸とは、実用性をもちながら、形や技法に美がそなわった造形で、陶芸、染織、漆工、金工、木竹工、ガラスなどが挙げられます。それは何気ない日々の暮らしの営みから、あるいは神仏への信仰儀礼や覇権を争った戦まで、その生活の中で用いられる器物・道具・服飾などです。
中世は貴族中心の社会から武家社会へと移り、民衆文化が芽生え、また一方で中国や朝鮮半島との交流も行われました。
こうした要因が絡み合い、日本の工芸が多様な展開を遂げた中世の造形の数々をご紹介します。
ホームページ
http://www.kyuhaku.jp
展覧会問合せ先
050-5542-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒818-0118
福岡県太宰府市石坂4-7-2
交通案内
【西鉄電車】
西鉄福岡(天神)駅から 西鉄天神大牟田線(特急約13分 / 急行約17分)で 西鉄二日市駅乗り換え、西鉄太宰府線(約5分)で 西鉄太宰府駅下車、徒歩約10分 ※特急/急行料金不要

【JR】
JR博多駅から JR鹿児島本線(快速約15分)で JR二日市駅下車、JR二日市駅から 西鉄二日市駅(徒歩約12分、バス約5分)、西鉄二日市駅から 西鉄太宰府線利用

【西鉄バス】
博多バスターミナル(1階11番のりば太宰府行き)から 西鉄太宰府駅下車(所要時間約40分)、徒歩約10分

【九州自動車道】
太宰府IC または 筑紫野ICから 高雄交差点経由で 約20分

【福岡都市高速】
水城出口から 高雄交差点経由で 約20分

【タクシー利用】
JR二日市駅から 約15分・福岡空港から 約30分
ホームページ
http://www.kyuhaku.jp/
会場問合せ先
【NTTハローダイヤル】 050-5542-8600
福岡県太宰府市石坂4-7-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索