タイトル等
速水御舟
~日本画への挑戦~
会場
山種美術館
会期
2009-10-01~2009-11-29
休催日
月曜日(10/12、11/23は開館、翌火曜日は休館)
開催時間
午前10時から午後7時(入館は6時30分まで)
*新美術館の通常展開館時間は、午前10時~午後5時です。
本展覧会は開館記念特別展につき、開館時間を特別に延長して開催いたします。
観覧料
一般1200(1000)円・大高生900(800)円・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体および前売料金
*障害者手帳持参者は1000円
主催者
山種美術館、NHK、NHKプロモーション
概要
山種美術館は、本年10月1日、渋谷区広尾に移転し、新美術館を開館する運びとなりました。
開館記念の特別展として、「速水御舟~日本画への挑戦~」を開催いたします。
大正から昭和を駆け抜けた日本画家・速水御舟。23歳で日本美術院同人に推挙され、横山大観や小林古径ら日本画家を始め、安井曽太郎、岸田劉生ら洋画家にも高く評価されてきました。御舟は、40年の短い生涯におよそ700余点の作品を残しましたが、その多くが所蔵家に秘蔵されて公開されることが少なかったため、「幻の画家」とも称されていました。しかし、当館が1976(昭和51)年に旧安宅コレクションの御舟作品103点を一括買い上げし、従来からの所蔵作品と併せて御舟コレクションが充実したことは大きなニュースとなりました。ちなみに、この一括購入で話題となった「特別展 速水御舟―その人と芸術―」では8万人を超える来館者がありました。
新美術館開館記念特別展では、当館所蔵の≪炎舞≫≪名樹散椿≫(重要文化財)を始めとする118点の御舟作品に加え、1930(昭和5)年の渡欧日記、本邦初公開となる未完の大作≪婦女群像≫(個人蔵)も展示します。これらの新出資料を通じて、40歳の若さで急逝した御舟が新たに目指していた方向性が明らかになることでしょう。
「梯子の頂上に登る勇気は貴い、更にそこから降りて来て、再び登り返す勇気を持つ者は更に貴い。(中略)登り得る勇気を持つ者よりも、更に降り得る勇気を持つ者は、真に強い力の把持者である」と語ったとおり、彼は常に挑戦者であろうとしました。その生涯を通じて、短いサイクルで次々と新しい試みに挑み続けたのです。本展では、山種コレクションの御舟作品をすべて展示し、皆様にいま一度、御舟作品の凄みを体感していただきたいと思っております。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.or.jp
展覧会問合せ先
03-3239-5911
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索