タイトル等
ヨーロッパ絵画展
-バロックから近代へ-
会場
岩手県立美術館
会期
2008-10-18~2008-12-23
休催日
月曜休館(ただし11月3日、24日は開館)
開催時間
10:00-19:00(入館は18:30まで)
観覧料
一般/800円(650円) 高校・学生/500円(400円) 小・中学生/300円(250円)
( )内は20名以上の団体料金
主催者
岩手県立美術館、テレビ岩手、読売新聞盛岡支局
概要
●展覧会を楽しむ4つのポイント
point.1 ヨーロッパ絵画の黄金期
ルネサンス期の美術家たちが古典古代の作品を模範とし、均整の取れた美を至高のものとしたのに対して、続くバロック美術は、劇的な構図や色彩、奔放な筆使いなどを特徴とし、作家たちの個性が豊かに花開いたものといえ、それ以後、近代に至るまでの美術に大きな影響を与えました。本展覧会でご紹介するのは、17世紀から19世紀の、まさにヨーロッパ絵画の黄金期に各国で活動した作家たちによる優品58点です。

point.2 民衆に愛された絵画
本展では、時代を代表する巨匠たちによって王侯貴族の宮廷や大聖堂に描かれた大規模作品ではなく、むしろその周辺で活動した作家たちの作品をご覧いただきます。しかしこれらこそ、当時広く世に流通することで有名作家たちの様式を普及させ、流行を巻き起こす揺籃としての役割を果たしたのであり、市井の人々が身近に接することのできた絵画、時代の雰囲気や好みを分かりやすく伝える美術といえるでしょう。肩肘をはらずに気軽に西洋絵画をお楽しみいただけるものです。

point.3 個人コレクションの魅力
本展覧会は、長野市のコレクター長坂剛氏によって30年に亘り集められた「長坂コレクション」の一部を公開するものです。その蒐集地域は、スペイン、オランダ、フランス、イタリアなどを中心にヨーロッパ全域に及んでおり、主題や様式も様々です。こうした個人コレクションならではのバラエティの豊かさは、本展の大きな魅力のひとつといえます。絵画に表れたそれぞれの国の「お国柄」をお楽しみいただけることでしょう。

point.4 蒐集家の眼
ルーヴル美術館で見た「人類の遺産」に感銘を受けた体験を、コレクターとしての出発点とする長坂氏は、作家の名前ではなく自らの目で見て感じた、作品そのものの魅力にこだわって蒐集を続けてきました。そして、日本ではまだなじみの薄い西洋古典絵画を、美術愛好家だけではなく多くの人々に紹介したいという彼の情熱は、今回の展覧会へと結実しました。作品に向けられたコレクターの眼差しや作品の向こう側にある夢を感じつつ、描かれた時代に想いを馳せるのも一興でしょう。
ホームページ
http://www.ima.or.jp
展覧会問合せ先
Phone.019-658-1711 Fax.019-658-1712
会場住所
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
交通案内
盛岡駅 東口より
岩手県交通バス『盛南ループ200』乗車、「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール⑩番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール⑤番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から
・ 徒歩20分
・ タクシーで5分
ホームページ
http://www.ima.or.jp/
会場問合せ先
E-mail:info@ima.or.jp
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索