タイトル等
タイル きのう・きょう・あした
―笠原のモザイクタイルを中心に―
会場
岐阜県現代陶芸美術館
会期
2008-12-23~2009-03-28
休催日
月曜日(休日の場合はその翌平日、12月29日から翌年1月3日まで)
開催時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
個人:一般 320円、大学生 210円
団体(20名以上):一般 260円、大学生 160円
*高校生以下無料
主催者
岐阜県現代陶芸美術館
概要
多治見、特に笠原町が、日本有数のタイル生産地であることはご存じでしょうか。
タイルの歴史は古く、古代文明の時代にまでさかのぼれますが、美濃にも美濃の豊かなタイルの歴史がありました。

仏教建築の装飾として日本に伝わったタイルは、中世には禅宗様の寺院に用いられました。禅宗様タイルの最古の例が、春日井市の定光寺源敬公廟にあります。しかし一般には、木造建築が主流のためかあまり普及しませんでした。その歴史をつないだのは茶の湯。茶道具としての敷瓦が、美濃や尾張で生産されました。また幕末から明治にかけては、瀬戸で始まった「本業敷瓦」が流行します。

一方、モザイクタイルの生産は明治時代に始まります。明治43年、常滑の伊奈初之丞がモザイクタイルを初めて発表した翌年には、多治見の長谷川淳一がタイルの試作品を作っていました。大正15年、多治見の加藤重保が日本建陶合資会社を設立し、製造が本格化します。昭和30年代には、一般家庭への普及と生産技術の向上により、タイル生産が飛躍的に発展し、多治見でも多くの製造業者が設立されました。そして今では、全国一の生産高を誇るモザイクタイルの生産地となっているのです。

本展覧会では、笠原町のモザイク浪漫館に収集されてきた多量のサンプルや関連資料に基づき、様々なタイルの姿をご紹介します。そして現代作家の作品やワークショップを通して、アートとしての美濃のタイルの可能性を探ります。
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum/
展覧会問合せ先
Tel.0572-28-3100
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索