タイトル等
コレクション展3「目撃者」
The Collection part 3: Witness
会場
芦屋市立美術博物館
会期
2008-09-13~2008-11-16
休催日
月曜日(ただし9/15、10/13、11/3開館、9/16、10/14、11/4休館)
開催時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般300(240)円
大高生200(160)円
中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金*同時開催中の 展覧会観覧料も含む
主催者
芦屋市立美術博物館
概要
芦屋市立美術博物館では1991年の開館以来、継続的に現代美術作家の近作展をホールで開催し、出品作品を収蔵してきました。
それらは同時代を生きる私たちに、常識や慣習とは異なる見方や感じ方を提案し、“今”という状況をより深く見つめるよう私たちを促します。美術館とはいわば、私たち自身の“今”を改めて目撃する場ともいえるでしょう。
また美術館では作品の他に、それが制作された背景を知るための関連資料も同時に収集保存しています。そうした資料は、作品が生まれたときの状況をよみがえらせ、あたかも制作や発表の現場に立ち会っているかのような感覚を見る人に呼び起こします。
つまり美術館は、過去を“今”として目撃する場でもあるのです。
2008年度コレクション展シリーズの三回目となる本展では、これまで当館で開かれた戸谷成雄(1947~ / 1992年個展)、松谷武判(1937~/ 1992年個展)、蟻田哲(1947~ / 1993年個展)、中村錦平(1935~ / 1994年個展)、小杉武久(1938~ / 1996年個展)、堀尾貞治(1939~ / 1999年「震災と表現」展)らによる現代美術展での出品作品と、当館収蔵品の主要な一角を占める具体美術協会(1954~1972)が、活動の軌跡として自ら選んだ代表的な記録写真などを特集展示します。この機会に、当館ならではの作品や資料から様々な時代の“今”を感じ取っていただければ幸いです。
ホームページ
http://www.ashiya-web.or.jp/museum/
展覧会問合せ先
tel 0797-38-5432
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索