タイトル等
時間の形
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2008-10-26~2009-01-12
休催日
12月25日(木)~12月31日(水)
開催時間
10:00~18:00[入館は17:30まで]
観覧料
一般950円[760円]、大学生650円[520円]、高校生以下・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳お持ちの方は無料
主催者
丸亀市猪熊弦一郎美術館、財団法人ミモカ美術振興財団
概要
時間はその姿を留めることをせず、ある時は私たちから逃げていくかのように、たちまち過去へと押しやられてしまいます。しかし、それらは決して跡形もなく無くなってしまうのではありません。では、どこに、どのような形で存在するのでしょうか。
本展は時間は消え去るのではなく、その時間を経験したさまざまなもののなかに溜まっていくと捉え、絵画、彫刻、写真、音など、幅広い表現方法をとる7人の作家による約30点の作品を通して、蓄えられた時間を読み取ろうとするものです。
たとえば木の年輪といった変化の跡をあらわにしたジュゼッペ・ペノーネの作品を目にする時、私たちは木そのものが経てきた時間を知らず知らずのうちに想像すると同時に過ぎ去った時間が木に蓄えられていることをも感じ取ります。また溜まった時間を知るきっかけは、このような痕跡だでけではありません。秋山さやかの、ある一日を表した作品を見た場合にも、私たちはその一日は作者のなかでも今も息づき、何らかの影響を与えていると考えるでしょう。つまり、その時間が確かにその人のものとなって、今を形づくっていることを作品から読み取ることができます。
本展の出品作品では、建物や数字の羅列、あるいは鼓動を示す一本のラインなど、現れでている姿は異なりますが、いずれも時間がものの内側に留まっていることを実感させるとともに、私達がいかに陰影に富んだ時間を抱いているかを示すことでしょう。
また本展では出品作家の一人、秋山さやかが丸亀に約2ヶ月滞在し作品を制作します。秋山に留まった丸亀での時間が、どのような形で私たちの眼前にあらわれるのかも見どころの一つです。
ホームページ
http://mimoca.org
展覧会問合せ先
TEL : 0877-24-7755 FAX : 0877-24-7766
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索