タイトル等
所蔵作品展 こども工芸館 [装飾/デコ]
会場
東京国立近代美術館工芸館
会期
2008-07-17~2008-09-23
休催日
月曜日(ただし7月21日、9月15日は除く)、7月22日(火)、9月16日(火)
開催時間
10:00-17:00(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般200(100)円 大学生70(40)円
*( )内は20名以上の団体料金。
*8月3日(日)、9月7日(日)(毎月第一日曜日)は無料観覧日です。
主催者
東京国立近代美術館
概要
工芸にはさまざまな装飾が施されています。工芸に見られる装飾模様は、長い歳月の中で育まれた歴史を背負っており、そこにはいろいろな意味がこめられています。装飾模様は器物を飾り、私たちの想像力をかきたててくれるとともに、さまざまなメッセージを伝えているのです。
かつて近代の工芸家にとって、器物をどのように装飾するか、というのはきわめて重要な課題でした。ところが、装飾を排した無機的なデザインが浸透するとともに、工芸家にとって、装飾は、もはやそれほど重要な課題とはみなされなくなってしまったかの感があります。しかしその一方で、近年、過剰なまでに装飾を施した工芸作品を制作する工芸家があらわれています。装飾への欲望、すなわち装飾することそれ自体が工芸制作の原動力となっているのです。こうした現象というのはラインストーンできらびやかに飾られたデコ電(デコ携帯)の出現ともパラレルの関係にあるようにも思われるのです。
今回の展覧会では、大人とこどもが一緒になって「装飾(デコ)」に注目することによって、その魅力を発見していただきたいと思います。装飾(デコ)は、工芸を読み解く手がかりであると同時に、これまで日本人が日本の風土のなかで育んできた美意識を示しているのです。
ホームページ
http://www.momat.go.jp/
展覧会問合せ先
Tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒102-0091
東京都千代田区北の丸公園1-1
交通案内
東京メトロ 東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩8分
東京メトロ 半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅出口2より 徒歩12分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/cg/
会場問合せ先
03-5700-8600 (ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索