タイトル等
大ナポレオン展
会場
岐阜県美術館
会期
2007-11-16~2007-12-26
休催日
11月19日(月)、26日(月)、12月3日(月)、10日(月)、17日(月) 臨時開館日:12月25日(火)
開催時間
午前10時~午後6時(入場は午後5時30分まで)
夜間開館日:11月16日(金)、12月21日(金)は午後9時まで開館(入場は午後8時30分まで)
観覧料
一般 当日1000円(900円)、前売800円
大学生 当日700円(600円)、前売500円
高校生以下無料
※フリーパス券1600円(会期中何回でもご入場いただけます)
※( )は20名以上の団体料金
主催者
岐阜県美術館、岐阜新聞・岐阜放送
概要
ナポレオン・ボナパルト(1769-1821)。彼は、フランス革命後の混乱期に、ヨーロッパ統一のロマンを掲げ、颯爽と歴史の表舞台に躍り出た英雄として知られています。その政治的・軍事的才能と、たぐいまれな指導力によって、ヨーロッパ全土に革命の精神を広めた彼は、その一方で芸術・文化・教育の振興といった文化政策にも大きな情熱を注ぎました。
エジプト遠征の際に、多くの学者や芸術家からなる学術調査団を同行させ、エジプト学の基礎をつくり、また、ルーヴル宮殿を美術館として広く一般市民に開放しつつ、地方にもさまざまな美術館を設置しました。革命で衰退したジュエリー産業を復活させたのもナポレオンでした。さらにこの時代には、古代ギリシアやローマの美術を現代風に甦らせた「帝政様式」と呼ばれる勇壮華麗な美術様式が花開きました。このように19世紀初頭のヨーロッパの文化・芸術は、まさにナポレオンの存在によって大きく発展したのです。
本展では、ナポレオンの幅広い文化性に焦点を当て、同時代の絵画、彫刻、工芸をはじめ遺品や愛用の品々など約100点を公開し、ナポレオンが未来に残した「精神の遺産」を紹介します。
ホームページ
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27213/
展覧会問合せ先
TEL:058-271-1313
会場住所
〒500-8368
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
交通案内
■電車をご利用の場合

JR東海道線
JR「西岐阜駅」下車 → 徒歩で15分
JR「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス

名鉄
名鉄「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス


■バスご利用の場合

岐阜バス (有料)
(加野団地線) JR岐阜駅前 (6番乗場) または、名鉄岐阜駅前 (1番乗場)
→ 「県美術館」下車 (約15分)

西ぎふ・くるくるバス 大人:100円 小学生:50円
「西岐阜駅南口」乗車 (約5分) → 「県図書館・美術館」下車
1日7便 (復路約30分)


■自家用車の場合

名神高速道路
岐阜羽島インターチェンジから県庁方面に向かって北進約10km

東海北陸自動車道
岐阜各務原インターチェンジから国道21号線を西進約10km
ホームページ
http://www.kenbi.pref.gifu.lg.jp/
岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索