タイトル等
リール近代美術館所蔵 ピカソとモディリアーニの時代
会場
郡山市立美術館
会期
2007-04-07~2007-05-20
休催日
毎週月曜日(ただし、4月30日は開館、5月1日休館)
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般1200(1000)円 高・大学生500(400)円
( )内は20名以上の団体料金及び前売り料金
中学生以下、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料
主催者
<ピカソとモディリアーニの時代>郡山展実行委員会
郡山市立美術館・福島民報社
概要
このたび、郡山市立美術館の開館15周年、福島民報社の創刊115周年を記念して「ピカソとモディリアーニの時代」展を開催いたします。
19世紀末から20世紀初頭にかけてのパリは、それまでには見られない新しい表現が生み出された、美術史上かつてない激動の時代でした。
ピカソとブラックによってはじめられたキュビスムが、大胆な視覚様式を獲得する一方、イタリア出身のモディリアーニは、都会の悲哀と孤独を身近な人物を通じて描きました。さらに、ユトリロ、ルオーらはエコール・ド・パリの一派を形成し、スペイン出身のミロもパリに出て活躍しました。
本展はこのような20世紀美術の多様な軌跡を、フランス屈指の美術館として名高いリール近代美術館の所蔵作品によって展覧するものです。コレクターのロジェ・デュティユールとジャン・マジュレルによるコレクションを基礎として築かれた、同美術館の所蔵作品をまとめて日本で紹介するのは初めての試みです。ピカソ、モディリアーニをはじめ、ブラック、ユトリロ、ルオー、ミロ、クレー、カンディンスキー、ビュッフェといった20世紀を代表する画家たちの作品約90点をご覧いただきます。
ホームページ
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/index.html
展覧会問合せ先
TEL 024-956-2200
会場住所
〒963-0666
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
交通案内
郡山駅より 約4キロ

乗用車
・ JR 郡山駅より 約10分
・ 仙台、会津若松、新潟、いわき、水戸方面からは、
磐越自動車道 「郡山東I.C.」より 約20分
・ 白河、宇都宮、東京方面からは、
東北自動車道 「郡山南I.C.」より 約20分

JR線
・ 東北・秋田・山形新幹線、東北本線、磐越東西線、水郡線で郡山駅下車。
・ 東京駅から郡山駅まで 新幹線で約1時間20分です。

バス
・ 郡山駅前バス 5番乗り場より
「美術館経由 東部ニュータウン」行き (所要時間 約10分)
・ 郡山市美術館バス停から美術館までは、歩いてすぐ(約1、2分)です。
※バス時間は変更になることがあります。

福島空港
・ 札幌、大阪(伊丹)から直行便があります。
・ 福島空港からJR郡山駅まで リムジンバス約40分。
ホームページ
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/bijyutukan/
福島県郡山市安原町字大谷地130-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索