タイトル等
松山藩御用絵師 松本山雪
-桃山と江戸のはざまに-
会場
愛媛県美術館
会期
2007-02-10~2007-03-25
休催日
月曜日休館(但し2/12[月・祝]、3/5[月]は開館、翌日休館)
開催時間
9:40~18:00(入場は17:30まで)
観覧料
大人700[500] 高大生550[400] 小中生350[250]
企画展(障害者)
大人300[250] 高大生250[200] 小中生150[100]
前売券:大人500 高大生300 小中生200
高齢者:350[250]
[ ]内は20名以上の団体割引料金
主催者
愛媛県美術館
概要
松本山雪は、江戸時代初期に活躍した伊予松山藩の御用絵師です。当地では馬の絵で知られていますが、残された作品は山水図、名所絵、風俗画、やまと絵など多岐にわたります。画壇の趨勢が狩野探幽の瀟洒(しょうしゃ)な画風に傾斜していくなか、京狩野の影響を受けた癖のある山雪の画風は、一度眼にすると忘れがたい存在感を示しています。
山雪は、地方を活躍の場としたこの時代の絵師としては作品が比較的多く残っています。近年注目されているこの時代の絵師の活動を探っていく上で、実に興味深い存在といえるでしょう。
本展覧会では、松本山雪の作品を軸に同時代の絵師たちにも目を向けます。戦乱の世からようやく抜け出し、以後長く続く太平の世の揺籃期(ようらんき)となったこの時代、確かな存在感を示した絵師のすがたに想いをめぐらせていただければ幸いです。
ホームページ
http://www.ehime-art.jp/
展覧会問合せ先
TEL:089-932-0010
会場住所
〒790-0007
愛媛県松山市堀之内
交通案内
・JR松山駅前より道後温泉または市駅前行き市内電車で5分
「南堀端 愛媛県美術館前」下車 徒歩1分
・松山観光港より、リムジンバスで30分。「市駅」下車 徒歩5分
・松山空港より車で約15分
ホームページ
http://www.ehime-art.jp/
愛媛県松山市堀之内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索