タイトル等
はちのへ散歩
~描かれた八戸~
会場
八戸市美術館
会期
2007-03-17~2007-05-06
休催日
3月19.22.26日、4月9.16.23日
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般300(150)円大学・高校生100(50)円
小・中学生50(30)円*( )内は20名以上の団金
*市内65歳以上、障害者手帳所有者半額
*市内小・中学生は無料
主催者
八戸市美術館
概要
海から拓け、海とともに発展してきたといわれる八戸。漁港・商港・工業港を有し、日本有数の水産都市として、また工業都市として成長を続けてきました。
また一方太平洋に面した海岸には、ウミネコ繁殖地として国の天然記念物に指定されている蕪島や、貴重な海浜植物や高山植物が植生する種差海岸が続き、八戸において海はかかせない存在です。
また文化面では、是川遺跡や風張遺跡など、芸術的にも優れた出土品を有する縄文遺跡が多数あり、古くからの文化の高さを誇るとともに、えんぶりや三社大祭などの伝統文化も大切に継承してきました。
このような八戸を、画家たちはどのように感じ表現してきたのでしょう。本展では、人々のたくましく生きる姿や、何気ない街角の日常風景、賑やかな祭りや芸能など、あらゆる面から画家ならではの眼で切り取った「はちのへ」の姿を展示、紹介します。
みなさんも描かれた「はちのへ」を散歩してみませんか。
ホームページ
http://www.hachinohe.ed.jp/artmuseum/
展覧会問合せ先
0178-45-8338
会場住所
〒031-0031
青森県八戸市番町10-4
交通案内
バス利用の場合
JR八戸駅東口前バス乗り場1番から 中心街方面行に乗車後、中心街ターミナル(三日町または八日町)下車、徒歩2分

タクシー利用の場合
八戸駅から 約20分。本八戸駅から 約5分。

徒歩の場合
八戸駅から 八戸線に乗り換え、本八戸駅にて下車。徒歩約10分。
ホームページ
https://www.city.hachinohe.aomori.jp/art/
青森県八戸市番町10-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索