タイトル等
アール・ヌーヴォーの煌き
ティファニー・ステンドグラスとともに
会場
長島美術館
会期
2006-07-22~2006-11-26
休催日
年中無休
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
※8月25日は講演会のため午後からご覧頂けます。
観覧料
常設展6室と共通
一般1,000円/高大生800円/小中生400円
シニア(65歳以上)500円
(団体20名様以上は2割引 ※シニア除く)
主催者
長島美術館
概要
今年の春に続き、当館コレクションによるアール・ヌーヴォーのガラス展第2弾を開催いたします。
今回は、長島美術館で初展示となるティファニーのステンドグラスをはじめとして、夏から秋のモチーフで彩られたエミール・ガレ、ドーム兄弟のガラスを展示いたします。
ティファニーは、宝石や銀製品などで知られるティファニー商会の創始者チャールズ・ルイス・ティファニーの長男(ルイス・コンフォート・ティファニー)で、ニューヨークに生まれました。家業を継がずパリで絵画を学び、装飾美術、インテリア・デザイン、ステンドグラスと制作の幅を広げ、1885年に、「ティファニー・ガラス・カンパニー」を設立しています。当時、アメリカの教会建築が急増していて高い人気を得ました。フランス、ナンシーのエミール・ガレやドーム兄弟のガラスとは異なる独特のアール・ヌーヴォー芸術です。
19世紀末にヨーロッパを中心として花開いた装飾芸術アール・ヌーヴォー。流動的な曲線を用いた優美な表現は現代でも輝き続けています。
美しい煌きのガラスの世界をごゆっくりお楽しみください。
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
展覧会問合せ先
長島美術館・099‐250‐5400
会場住所
〒890-0045
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
交通案内
○車:九州自動車トンネル経由10分 ※敷地内に200台(普通車)分の駐車スペースをご用意しています。 ○JR:「鹿児島中央駅」下車、西口より車で5分 ○バス:鹿児島中央駅東22番乗り場から、鹿児島交通 (11、13、17、18、20、22、27、30、33)、南国交通 (武岡ハイランド、西郷団地行き)。各々「武中学校下バス停」下車、徒歩坂道上り20分
ホームページ
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/
鹿児島県鹿児島市武3-42-18
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索