タイトル等
ハウステンボス美術館コレクションによる エッシャーの不思議世界展
会場
いわき市立美術館
会期
2006-07-22~2006-08-27
休催日
毎週月曜日(ただし月曜日が祝日等の場合は開館し、翌日休館)8月14日(月)は臨時開館します。
開催時間
午前9時30分~午後5時(展示室への入場は閉館30分前まで)
7月・8月の毎週金曜日は、夜8時まで開館します。
観覧料
一般940(750)円 高・高専・大生420(330)円
小・中生210(160)円
( )内は20名以上の団体割引料金
65歳以上、身障者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料
主催者
いわき市立美術館
概要
M.C.エッシャー(1898-1972)は、オランダを代表する版画家の一人です。当初建築装飾学校で建築を学んでいたエッシャーは、グラフィックアートの教師に才能を見出されて版画技法を習得し、美術を志すようになりました。エッシャーの作品といえば、遠近法や透視法を逆手にとって現実にはありえない光景を描く「だまし絵」がもっとも有名ですが、ほかにも、ある形が徐々に別の形へと変わっていく「メタモルフォーゼ(変容)」シリーズや、画面を特定の形で規則的に分割する「平面の正則分割」シリーズなど、さまざまな表現が知られています。二次元の世界である絵画空間の可能性を追求し続けた彼の特異な作風は、美術関係者だけではなく数学者や知覚心理学者の注目も集めました。計算しつくされた画面構成、緻密で正確な描写、卓越した版画技術、そしてその豊な想像力は、今もなおわたしたちを魅了してやみません。
今回は、オランダに関わる美術品や資料を収集するハウステンボス美術館(長崎県佐世保市)から一括して作品をお借りして、エッシャーの生涯をたどる回顧展を開催します。版画やドローイングのほか、版木、書籍などの資料も含め、あわせて166点を展示する予定です。青年期から晩年までの多彩な作品を通して、エッシャーの世界をどうぞお楽しみ下さい。
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/index.html
展覧会問合せ先
電話:0246-25-1111 ファクス:0246-25-1115
会場住所
〒970-8026
福島県いわき市平字堂根町4-4
交通案内
■電車
JR常磐線・磐越東線 いわき駅より 徒歩12分

■高速バス
高速バス (東京―いわき線、会津若松・郡山―いわき線、福島―いわき線) 平中町バス停より 徒歩3分

■自動車
常磐・磐越自動車道 いわき中央I.C.より15分
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/002482.html
福島県いわき市平字堂根町4-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索