タイトル等
―国展80周年記念-国画会の画家たち
会場
メナード美術館
会期
2006-04-28~2006-06-25
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
観覧料
一 般800円(700円)
高大生600円(500円)
小中生300円(250円)
*( )内は20名以上の団体料金および前売料金
*障害者手帳をお持ちの方、および同行者1名は無料
主催者
メナード美術館、国画会、小牧市、中日新聞社
概要
大正14(1925)年、「国画創作協会」に設立された洋画部は、その後「国画会」となり、わが国の主要な団体のひとつとして80周年を迎えました。
当館では、国画創作協会並びに梅原龍三郎ら国画会ゆかりの画家たちの作品を多く所蔵しています。洋画部設立時から80周年、同時に通称・国展が第1回展から数えて80回を迎えるにあたり、設立から今日まで国画会洋画部を舞台に活躍した画家の作品を、所蔵品と特別出品作により展観、日本の近代洋画をつくりあげたひとつの流れを顧みたいと思います。
併せて国画会の原点、村上華岳ら京都の若き日本画家たちにより結成された国画創作協会の画家による作品を展観いたします。

■出品作家(予定)

<国画創作協会より>
入江波光(はこう) 榊原紫峰(しほう) 村上華岳(かがく) 小野竹喬(ちっきょう)

<物故作家より>
川島理一郎(りいちろう) 梅原龍三郎 川口軌外(きがい) 曽宮(そみや)一念(いちねん) 青山義雄 里見勝蔵(かつぞう)
伊藤廉(れん) 宮田重雄 杉本健吉 久保守(まもる) 須田剋太(こくた) 小牧源太郎
山口薫 庫田てつ(くらたてつ) 原精一 宇治山哲平 香月(かづき)泰男 彼末(かのすえ)宏
藤田吉香(よしか) 加賀美勣(かがみいさお)

<現役会員より> (五十音順)
安達博文 稲垣考二 井上悟(さとる) 大沼映夫(てるお) 川井一義 久保田裕(ゆう) 佐々木豊 島田鮎子 島田章三 城(じょう)康夫 菅野(すがの)充造 多納三勢(たのうさんせい) 花田勝太郎(かつたろう) 開(ひらき)光市(こういち) 増地(ますじ)保男 宮下実 森本草介
ホームページ
http://www.menard.co.jp/museum/
展覧会問合せ先
メナード美術館 0568-75-5787
会場住所
〒485-0041
愛知県小牧市小牧5-250
交通案内
[公共交通機関]

[名古屋駅より]

名鉄バスセンター「高速バス 桃花台線」 名鉄メンズ館4F のりば[23] ―(40分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

名鉄 名古屋 ―(15分 犬山線)― 岩倉 名鉄バス「小牧駅行き」のりば[1] ―(20分)― 「市民病院前」経由 メナード美術館前 / 「市役所」経由 小牧市民病院北
(豊橋・岡崎方面の方)

[栄より]

栄バスターミナル「高速バス 桃花台線」オアシス21 のりば[8] ―(30分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

地下鉄 栄 ―(10分 名城線右回り)― 平安通 ―(20分 上飯田線 (名鉄小牧線乗入れ))― 名鉄 小牧駅


[車]

東名・名神「小牧I.C」名古屋方面…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞
名古屋方面から名古屋高速「小牧南出口」…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞

国道19号線「春日井インター東」交差点より西へ約8km


最寄駅:名鉄 小牧駅
[西口] 徒歩15分
[東口] バス 5分
のりば[1] こまき巡回バス
のりば[4] 名鉄バス「岩倉駅行」
ホームページ
http://museum.menard.co.jp
愛知県小牧市小牧5-250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索