タイトル等
木版画のぬくもり
小林清親から棟方志功まで
会場
府中市美術館
会期
2005-04-28~2005-06-05
休催日
月曜日(5月2・9・16・23日)と5月6日(金)
開催時間
午前10時~午後5時まで(最終入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般300円(240) 大学・高校生150円(120) 小・中学生70円(50)
主催者
府中市美術館
概要
明治以降の日本の木版画は、浮世絵の伝統を素地としつつ小林清親などが発展させ、また山本鼎による創作版画も加わりながら、今日の抽象版画へと多彩な展開を遂げました。
浮世絵系木版と創作版画系の二つの潮流の併走の間で、実に様々な作家が木版画という技法にこだわり続けながら様々な作品を生み出してきました。
今、日本近代版画特に木版画史の百年を通覧するとき、そこには、木版画の持つ共通の持ち味、つまりその「やわらかさ」や「ぬくもり」といったものが、多くの人々にこよなく愛されつづけてきた由縁であり、みるものを深く魅了してやみません。
特に、川上澄生、棟方志功、恩地孝四郎などのあたたかみの感じられる作家の作品を中心にしつつ、当館の所蔵品と全国の美術館からも木版画家の名品を加えて、木版画の歴史を明治から戦後まで一気に通覧いたします。
本展は、木版画の醍醐味を「ぬくもり」に置き、観覧者にご堪能いただける機会といたしたく開催いたします。
ホームページ
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
展覧会問合せ先
府中市美術館 Tel.042-336-3371
会場住所
〒183-0001
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
交通案内
京王線の府中駅から、「ちゅうバス」のご利用が便利です。
府中駅までは、京王線新宿駅から、特急、準特急で約20分です。

■ 電車をご利用の場合

京王線 府中駅から
・ちゅうバス(多磨町行き) 「府中市美術館」下車すぐ
府中駅バスターミナル8番乗り場から、8時から毎時30分間隔で運行。運賃100円 (現金もしくは回数券のみ)
・京王バス 武蔵小金井駅行き(一本木経由、武71) 「天神町二丁目」下車すぐ
・京王バス 武蔵小金井駅行き(学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・京王バス 国分寺駅南口行き(東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

京王線 東府中駅北口から
・徒歩17分
・ちゅうバス(府中駅行き)「府中市美術館」下車すぐ
8時5分から毎時30分間隔で運行。運賃100円

JR中央線 武蔵小金井駅南口から
・京王バス 府中駅行き (一本木経由、武71) 「一本木」下車すぐ
・京王バス 府中駅行き (学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR中央線 国分寺駅南口から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR武蔵野線 北府中駅から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、府02) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・注記:1時間に1本の運行です。
・注記:お帰りの最終便は美術館閉館時間前です。ご利用の際は、ご確認ください。

■ 自動車をご利用の場合
・調布インターチェンジから 約3.5キロメートル
・国立・府中インターチェンジから 約4.4キロメートル
・八王子方面からのアクセスは、府中スマートインターチェンジをご利用いただけます。お帰りはETC搭載車のみ通行可能です。

府中市臨時駐車場(無料・約60台収容可)をご利用下さい。
ホームページ
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
会場問合せ先
ハローダイヤル 03 (5777) 8600
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索