タイトル等
浮世絵に描かれた風景・役者絵 東海道を往く
会場
掛川市二の丸美術館
会期
2005-12-16~2006-02-12
休催日
12/19・12/16~1/3・1/10・1/16
開催時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人200(160)円
小中学生100(80)円
※( )内は20名以上の団体割引料金
概要
今回の展示は、第2展示室「袋物にみる江戸文化」との2展示で構成しています。
第1展示室では、世界にも知られた浮世絵師北斎、広重らの作品をご覧いただきます。
18世紀後半、多色刷りの絵師が誕生したことにより、多くの浮世絵師が次々と登場しました。歌麿、北斎、広重、写楽、豊国・・。彼らは美人画、役者絵、風景と様々なジャンルの画題を取り上げました。江戸と京を結ぶ東海道は、江戸時代において現在にも劣らぬ重要な幹線道路でした。浮世絵師たちが活躍した頃、経済は発展し物資の流通が盛んになると同時に人々の往来も増加していきました。彼らが描いた浮世絵は、多く庶民の心を捉え、まだ見ぬ土地や旅への憧れを膨らませたことでしょう。ここでは、庶民の心を魅了した浮世絵をお楽しみいただきます。
ホームページ
http://lgportal.city.kakegawa.shizuoka.jp/kanko/center/BIJYUTUKAN_3.html
展覧会問合せ先
掛川市二の丸美術館 0537-62-2061
会場住所
〒436-0079
静岡県掛川市掛川1142-1
交通案内
公共交通機関
掛川駅バス乗り場⑥番より 掛川バス居尻線または、倉真線に乗車、北門バス停下車徒歩1分

お車
東名高速道路 掛川I.Cから車で10分 美術館用駐車場はありません。
ホームページ
http://www.kakegawa-artpark.com/ninomaru/
静岡県掛川市掛川1142-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索