タイトル等
岡鹿之助と椿会の洋画家たち
会場
資生堂アートハウス
会期
2005-03-25~2005-07-03
休催日
月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日休館)
開催時間
10:00-17:00
(入館は16:30まで)
観覧料
無料
概要
独自の静謐な画風で知られる洋画家・岡 鹿之助と、資生堂が1947年から開催している「椿会美術展」のメンバーによる展覧会を開催いたします。
「椿会美術展」は、資生堂のシンボルマークである花椿にちなんで命名された展覧会で、資生堂が依頼した作家によるグループ展として、メンバーを変えながら5期にわたって開催されてきました。出品作品はいずれも新作であり、銀座の資生堂ギャラリーを会場にした作家同士の競演の場ともなっていたようです。
「椿会美術展」は、日本画、洋画、彫刻、現代美術と幅広いジャンルにわたる作品発表の場でしたが、今回アートハウスでは洋画に焦点を絞り、資生堂の美術品コレクションの中核となっている「第3次椿会美術展」の創設メンバーであり、同展における洋画家の中心的存在であった岡 鹿之助の4点に加え、「第1次椿会美術展」「第2次椿会美術展」「第3次椿会美術展」に参加した作家の作品30点を集めて展覧いたします。
出品作家は、「第3次椿会美術展」の牛島憲之、脇田 和、森 芳雄らに加え、金山平三、川島理一郎、須田国太郎、曽宮一念(第1次椿会美術展)、鳥海青児、林 武(第2次椿会美術展)の15名。また、第1次から第3次まで出品を続けた、梅原龍三郎の作品もあわせて展示いたします。
大正時代に始まり、戦中戦後の苦難の時代を乗り越えて、美術による文化支援を継続してきた資生堂の活動の一環をご紹介すると共に、昭和の画壇を彩った精鋭たちの作品をご覧いただきたいと思います。
ホームページ
http://www.shiseido.co.jp/art-house/
展覧会問合せ先
0537-23-6122
会場住所
〒436-0025
静岡県掛川市下俣751-1
交通案内
JR「掛川駅」下車、南口より タクシーで5分、徒歩25分。

バス「掛川駅」南口より、市街地循環線(南回り)、「資生堂アートハウス 入口」下車。
※「掛川駅」南口からの所要時間は、下車後の徒歩を含め、約15分。

東名高速 「掛川IC」より車で7分。 新東名高速 「森掛川IC」より車で30分。
ホームページ
http://www.shiseido.co.jp/art-house/
静岡県掛川市下俣751-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索