タイトル等
カオスモス’05/辿りつけない光景
会場
佐倉市立美術館
会期
2006-01-31~2006-03-05
休催日
月曜日
開催時間
午前10時から午後6時(入場は午後5時30分まで)
観覧料
一般600円(480円)、大高生400円(320円)、小中生以下無料
主催者
佐倉市立美術館
概要
県内の美術状況を紹介すると共に、分かりにくいとされる現代美術への理解を深めていただく目的で開始した「チバ・アート・ナウ」シリーズから、出品作家を県外からも招くことで、より客観的な位置に視点を置いた「カオスモス」に移行して2回目を迎えます。カオスモスとは、カオス(混沌)とコスモス(秩序)を合体させた造語です。同時代の美術表現は、この言葉の示すような絶対的な価値が存在しない状況ですが、新たな秩序が再編成されようとする今こそ、最も多くの可能性を含んだ面白い時期だとはいえないでしょうか。本展では融合し、分裂していく未知数の美術表現の顛末を報告し、それらが何処へ向かっているのか、鑑賞者と共に考える企画でありたいと思います。
本年のテーマは「辿りつけない光景」です。雑誌に掲載された写真等、つまり自分とは無関係でちょっと距離のあるものを描くムラタ育子、写真と絵画によってモンタージュされた架空の光景を作品化する田口和奈。また、コンピューターゲームの世界に現れる建造物等を描く大竹竜太、霧のような背景に記号のような形を象徴的に描く関根直子、自分の内面にある「絶対に行けない/存在しない場所」を求める旅を作品化する小粥丈晴、の作品に表されているのは、実際には存在しない、辿りつけない光景です。
効率化のためのシステムに依存し、虚実の渾沌とした情報に晒されている私達はむしろ、現実から遠ざかっているのではないしょうか。これらの作品で作家は逆に、意図的にそうした現実から距離を持つことで、各々の現実感や、普遍性に近づこうとしているようです。そうした背景を持つ作品群には、同時代を生きる私達にも共感する点が多く見出せるのではないでしょうか。この機会に是非、ご覧いただければ幸いです。
ホームページ
http://www.city.sakura.chiba.jp/museum/
展覧会問合せ先
TEL 043-485-7851
会場住所
〒285-0023
千葉県佐倉市新町210
交通案内
・京成佐倉駅南口より 徒歩8分 または 「JR佐倉駅方面行」バスで「佐倉市立美術館」下車すぐ

・JR佐倉駅北口より 徒歩20分 または 「京成佐倉駅行」か「田町車庫行」バスで「二番町」下車すぐ
※<市役所経由>の場合「宮小路町」下車 徒歩5分。

・東関東自動車道「佐倉IC」より約5km・15分、美術館向かいに佐倉市駐車場あり(無料)
ホームページ
http://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/
会場問合せ先
043-485-7851
千葉県佐倉市新町210
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索