タイトル等
スイス スピリッツ
-山に魅せられた画家たち-
会場
島根県立美術館
会期
2006-01-02~2006-02-24
休催日
月曜日 ※ただし、1月2日(月)、9日(月・祝)は開館し、1月10日(火)は休館
開催時間
午前10時-午後6時30分(展示室への入場は午後6時まで)
観覧料
一般=当日券 企画展1,000(800)円
大学生=当日券 企画展600(450)円
小・中・高生=当日券 企画展300(250)円
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
島根県立美術館、アールガウ州立美術館、読売新聞大阪本社、NHK松江放送局
概要
多くの人々は、スイスと言えば「山」を思い浮かべるのではないでしょうか?この展覧会では、スイスを示すのに最も典型的なモティーフである「山=アルプス」を取り上げ、18世紀末から今日までの代表的なスイス美術を展観します。
まず18世紀後半の啓蒙主義の時代、自然科学者たちと並んで、カスパー・ヴォルフをはじめとする画家たちが山に対する関心を持ち始めました。19世紀に入るとスイスは現在のような連邦国家になり、雄々しいアルプスは国のシンボルとなります。世紀末から20世紀初頭に至り、象徴主義(セガンティーニ、ホドラー)や表現主義(キルヒナー)、あるいは抽象絵画の分野(クレー)においても山は自立したモティーフとして描かれ続けました。しかしやがて、そのような定着したイメージは20世紀のポップアート以降問いに付されることになります。とりわけ現代の作家たちは、写真やオブジェ、デジタル・アートなどさまざまなメディアを用いて、現代のツーリズムやマス・メディアの影響を無視できないアルプスのイメージに対して批判的に取り組むなど、さまざまな反応を見せています。
本展覧会は、日本においてスイスの現代文化を紹介する「0406スイス・コンテンポラリー・アート・イン・ジャパン」の一環として、スイス・プロ・ヘルヴェティア文化財団とアールガウ州の協力により開催されます。雄大な山の風景をどうぞお楽しみください。
ホームページ
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/
展覧会問合せ先
TEL:0852-55-4700(代表) FAX:0852-55-4714
会場住所
〒690-0049
島根県松江市袖師町1-5
交通案内
■ お車でお越しの方

●山陰自動車道を利用
山陰道「松江西ランプ」から約5分

●国道431号線を利用
「宍道湖大橋北詰」を右折、県道37号線へ →
宍道湖大橋を南進 →
国道9号線「袖師交差点」を南に直進 →
180m程先左折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

●国道9号線を利用
・米子方面から
国道9号線「袖師交差点」を左折 →
180m程先左折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

・出雲方面から
国道9号線から「嫁島町信号機」を右折 →
一つ目の信号を左折 →
1km程北進して右折(向かいには日本海テレビビル・ガスト) →(A)

(A)
日本海テレビビル(1階ガスト)向かいのJR高架下をくぐり、奥までお進みください。入口ゲートで駐車券を取って入庫してください。駐車場から美術館正面入口へは地下道をご利用ください。


■ 飛行機でお越しの方

●東京・大阪・福岡・名古屋・隠岐各地から
出雲縁結び空港 →空港連絡バス(約30分) →(B)

●東京から
米子鬼太郎空港 →空港連絡バス(約45分) →(B)

■ 高速バスでお越しの方

●東京・大阪・岡山・広島・福岡など各地から →(B)

■ JRでお越しの方

●東京方面から (新幹線利用)
JR東京駅から新幹線(約3時間20分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●大阪方面から
JR新大阪駅から新幹線(約50分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●九州方面から
JR博多駅から新幹線(約1時間40分) →JR岡山駅「特急やくも」(約2時間30分) →(B)

●東京方面から (特急利用)
JR東京駅から寝台特急「サンライズ出雲」(約11時間30分) →(B)

(B)
●JR松江駅から
・徒歩約15分
・松江市営バス「南循環線内回り」(約6分) →「県立美術館前」バス停下車

■ 一畑電車でお越しの方

●松江しんじ湖温泉駅から
観光ループバス「ぐるっと松江レイクライン」(約15分) →県立美術館前バス停
ホームページ
http://www.shimane-art-museum.jp/
島根県松江市袖師町1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索