タイトル等
浮世絵 美の極致
初公開 スイス・バウアーコレクション
会場
千葉市美術館
会期
2001-01-04~2001-02-04
休催日
毎週月曜(1月8日は開館、9日は休館)
観覧料
一般800円(640円)、大学生・高校生560円(450円)、中学生・小学生240円(200円)*( )内は前売・団体30名以上。
主催者
千葉市美術館、毎日新聞社、国際浮世絵学会、バウアーコレクション
概要
スイスの歴史的都市ジュネーヴにあるバウアーコレクションは、審美眼に優れた実業家アルフレッド・バウアー氏が収集した東洋美術のコレクションです。浮世絵、中国陶磁、日本当時、漆工芸品、根付、刀装具など質の高い作品を豊富に所蔵しており、その充実振りはヨーロッパ屈指のものと評価されています。このうちバウアー氏が20世紀前半の40年ほどの間に収集したという600点ほどの浮世絵は、鈴木春信、鳥居清長、喜田川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重といった主要絵師たちの重要な作品も含まれる魅力的なものです。今回の展覧会では、中でも優れた200点が選ばれており、新春にふさわしい華やかな展示となります。とりわけ歌麿、写楽とその周辺絵師たちの時代、またほぼ完璧な保存状態を誇る幕末の作品群は圧巻といえるでしょう。ながく公開を切望されながらも、これまでバウアーコレクションの浮世絵が外部で展示される機会は大変少なく、出品作品のほとんどが世界初公開となります。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索