タイトル等
イサムノグチ展
会場
東京都現代美術館
会期
2005-09-16~2005-11-27
休催日
月曜日(9/19、10/10は開館、翌火曜日休館)
開催時間
午前10時~午後6時(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1,300(1,100/1,200)円
大学・専門学校生900(700/800)円
中高生・65歳以上500(400/400)円
※( )内は前売/団体料金
※団体は20名以上
主催者
東京都現代美術館、日本テレビ放送網、読売新聞社
概要
「地球を彫刻した男」……そう称されることの多い世界的な芸術家イサム・ノグチ(1904-1988)。彼の最後にして最大の作品である≪モエレ沼公園≫が没後17年の歳月を経て、今年7月に札幌市に完成しました。滑り台、ブランコといった遊具はもちろんのこと噴水や築山に至るまで189ヘクタールにも及ぶ公園全体がノグチのマスター・プランに基づいて創られ、生涯をかけて彼が夢見た大地の彫刻作品がここに誕生したのです。
公園のグランド・オープンを記念して開催される本展は、公園や遊び場の造形という視点からノグチの新たな魅力を紹介し、あわせて20代から晩年までの多彩な活動の全貌を辿るものです。
石の彫刻家として有名なノグチですが、舞台装置、環境芸術、陶芸、家具・食器・照明のデザインなど彼の興味は軽やかに芸術のジャンルを横断し、革新的でユニークな足跡を残しています。
またその活動場所も父の国である日本、母の国であるアメリカを中心にヨーロッパ諸国やその他の国々まで広がり、旅人のように地球規模で活躍したアーティストだったと言うことができるでしょう。
本展はニューヨークのイサム・ノグチ財団・庭園美術館所蔵の作品を中心に46点で構成され、牟礼のイサム・ノグチ庭園美術館から門外不出とされていた石彫の代表作≪エナジー・ヴォイド≫が特別出品されます。またモエレ沼公園の遊具も会場内に設置し、触って遊べる体験空間や作品とのよい出会いを提供する教育プログラムをお楽しみいただけます。イサム・ノグチが残した無限の創造力は、21世紀を生きる私たちに、今も輝きを失うことなく多くを語りかけてくるでしょう。
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒135-0022
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
交通案内
最寄駅
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3出口より徒歩13分
東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車

「木場」「菊川」駅のほかにも、「錦糸町」「東京」「とうきょうスカイツリー」「押上」「秋葉原」「新橋」「葛西」「豊洲」駅などから都営バスでもお越しになれます。

お車でお越しのお客様
首都高速9号深川線「木場」出口から約5分「枝川」出口から約10分です。

駐車場について
台数:約100台 / 福祉車両専用スペースあり
料金:普通車 1時間300円 (以降30分ごとに150円)
大型バス 1時間1000円 (以降30分ごとに500円)
ホームページ
http://www.mot-art-museum.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600
東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索