タイトル等
没後100年記念 フランスの至宝-エミール・ガレ展
会場
岐阜県現代陶芸美術館
会期
2005-06-18~2005-08-31
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
観覧料
個人:一般 1,000円、大学生 700円、高校生以下無料
前売・団体(20名以上):一般 800円、大学生 500円、高校生以下無料
主催者
岐阜県現代陶芸美術館 NHK岐阜放送局 NHK中部ブレーンズ 日本経済新聞社
概要
エミール・ガレ(1846-1904)は19世紀後半フランスのナンシーを拠点に、ガラス、陶器、家具という幅広い分野に創造力を発揮し、独創的な可能性を切り開いた工芸作家です。文学や哲学、修辞学、音楽、植物学、鉱物学などに通じ、当代一流の文化人とも交流のあったガレは傑出した表現者、総合アートディレクターであり、また企業家としてもその才能を開花させました。

ガレの芸術はジャポニスムや象徴主義、自然主義、博物学の成果など、時代の趨勢と深く関わりながら展開し、独自の表現理論に幻想的なイメージを絡み合わせた特異な表現世界を確立しました。普仏戦争敗北やドレフュス事件など、当時の世論を沸かせた社会問題にも積極的に関わり、その発言を工芸の造形のなかにおいて表現したり、問題提起する場合も少なくありませんでした。また少数限定の最高級品から大量生産による廉価品まで、加工技術の相違によるコストダウンを実現し膨大な数量の作品を量産して、その全てにガレの名を冠して芸術の普及に力を尽くしています。

本展覧会は、エミール・ガレ没後100周年を記念し、ガラス、陶器、家具の3分野にわたって有数のガレ・コレクションの中から選りすぐりの名品を展示します。また、それらの名品とともに、父シャルル・ガレのアシスタントとして活躍を始めた最初期の作例から晩年の円熟した傑作までを一堂に集め、ガレの人物像とその芸術の神髄に迫ります。ガレが達成した広範な事業の位置づけと奥深い芸術への理解を深めるまたとない機会となることでしょう。
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum/
展覧会問合せ先
Tel.0572-28-3100
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索