タイトル等
アンテスとカチーナ人形
現代ドイツの巨匠とホピの精霊たち
会場
いわき市立美術館
会期
2005-05-28~2005-07-03
休催日
月曜日
開催時間
9:30~17:00(但し7/1は20:00まで開館)
※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般:940(750)円
高・高専・大生:310(240)円
小・中生:210(160)円
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
いわき市立美術館、読売新聞東京本社、美術館連絡協議会、福島民友新聞社、福島中央テレビ
概要
本展は、現代美術の巨匠ホルスト・アンテスの作品と、北米・インディアンの一族である「ホピの人々」が、宇宙の万物に宿る精霊として深く信仰する「カチーナ人形」を並列的に展示する展覧会です。
1936年、ドイツのヘッペンハイムに生まれたアンテスは、画家、版画家、そして彫刻家として世界的に活躍する美術家であると同時に、アボリジニの作品や南米の先住民族の羽根かざりなどプリミティブ・アートの一大収集家としてもその名を知られます。とりわけ、約800点に及ぶカチーナ人形のコレクションは、世界最大を誇っています。
カチーナ人形は、20世紀初頭の欧米の芸術家たち、特にシュルレアリストたちに礼賛され、その高い精神性と芸術性は、今なお人々の心をひきつける魅力を放っています。アンテスもまた、これらカチーア人形たちに触発され、独自の表現世界を築き上げた芸術家の一人です。彼の描く大きな頭部とたくましい脚の人物像は「頭足人」と呼ばれ、カチーナ人形の姿かたちに魅せられたアンテスが創造した形象であり、ホピの人々の神話的世界と現代人の精神世界を結び付ける彼特有の芸術世界を現す主人公たちです。
今回の展覧会は、企画展示室1でアンテスのコレクションの中から厳選した79体のカチーナ人形を展示し、企画展示室2では、国内で所蔵されている秀逸な作品にドイツのシュプレンゲル美術館の作品を加えた62点で、初期から最新作にいたるアンテスの芸術世界を紹介します。カチーネ人形とアンテス作品、ともに日本では始めての本格的な展覧となる本展は、芸術家とその制作の着想の源、両者のスピリットに触れる貴重な機会となることでしょう。
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/index.html
展覧会問合せ先
電話:0246-25-1111 ファクス:0246-25-1115
会場住所
〒970-8026
福島県いわき市平字堂根町4-4
交通案内
■電車
JR常磐線・磐越東線 いわき駅より 徒歩12分

■高速バス
高速バス (東京―いわき線、会津若松・郡山―いわき線、福島―いわき線) 平中町バス停より 徒歩3分

■自動車
常磐・磐越自動車道 いわき中央I.C.より15分
ホームページ
http://www.city.iwaki.fukushima.jp/kyoiku/museum/002482.html
福島県いわき市平字堂根町4-4
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索