タイトル等
麻田鷹司と現代日本画展
初公開 湘南のコレクター
会場
平塚市美術館
会期
2005-04-23~2005-05-29
休催日
月曜休館
開催時間
9:30~17:00(入場は~16:30)
観覧料
一般500(400)円、大高生300(240)円
( )内は20名以上の団体 中学生以下無料、高校生は第2、第4土曜日無料
平塚市民で身体障害者手帳、療育手帳等の交付を受けた方と付添者、60歳以上の方は無料
主催者
平塚市美術館
概要
湘南地方には古来さまざまなコレクターがおり、作家を育て、また文化を育んできました。今回、「湘南のコレクター」というテーマのもと、平塚市内の個人コレクターによる秘蔵の日本画、工芸作品76点を初公開します。
主な出品作家である麻田鷹司 (あさだたかし:1928-1987)作品は35点を展示します。麻田鷹司は、京都生まれ。関東でのまとまった展示は5年ぶりとなります。金、銀を用いた装飾性に加え、奥行きのある造形力で、日本の風景美を追求した作家であり、本展では1960年代の《明神岳》《伊豆長津呂》といった力強い造形から、充実した代表作《佐渡》、《鴨東東山図》(おうとうとうざんず)まで幅広く、画業の変遷をたどることができます。なお、特別出品として、最期の創画会出品作《相州阿夫利山》 (そうしゅうあぶりさん)を展示します。
このほか、生年順に安田靫彦、前田青邨、川端龍子、山本丘人、山口蓬春、広田多津、高山辰雄、工藤甲人、岩橋英遠、平川敏夫、松尾敏男、鈴木至夫ら、戦後の日本画を担う画家たちの作品が一堂に会します。展覧会に発表されたのち、長く秘蔵されていた作品、個展などにも出品されていない初公開作品からは、われわれに現代日本画家の新たな一面を見せてくれるでしょう。またその幅広い作家、作風からは、現代日本画60年の歩みを追うことができます。線描を基調とした安田靫彦、前田青邨の典雅な画風、ボッシュやルドンなど西洋画からの影響を感じさせる高山辰雄、工藤甲人など、13名の多彩な作家が織りなす美の世界をご堪能ください。

出品作家
麻田鷹司(あさだたかし) 安田靫彦(やすだゆきひこ) 前田青邨(まえだせいそん)
川端龍子(かわばたりゅうし) 山本丘人(やまもときゅうじん) 岩橋英遠(いわはしえいえん)
広田多津(ひろたたづ) 高山辰雄(たかやまたつお) 松尾敏男(まつおとしお)工藤甲人(くどうこうじん) ほか
ホームページ
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
展覧会問合せ先
平塚市美術館Tel.0463-35-2111
会場住所
〒254-0073
神奈川県平塚市西八幡1-3-3
交通案内
JR東京駅から東海道線、または新宿駅から湘南新宿ライン(直通)で約1時間。 JR平塚駅から徒歩20分。 または平塚駅東改札口(北口)より神奈川中央交通バス 4番乗り場乗車「美術館入口」または「コンフォール平塚前」下車。 無料駐車場70台。
ホームページ
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
神奈川県平塚市西八幡1-3-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索