タイトル等
時代を切り開くまなざし
-木村伊兵衛写真賞の30年- 1975-2005
会場
川崎市市民ミュージアム
会期
2005-04-23~2005-06-19
休催日
月曜日、5月6日(金)
開催時間
午前9時30分から午後5時
入館は4時30分まで
観覧料
一般:700円
学生:400円
※中学生以下・65歳以上は無料
主催者
川崎市市民ミュージアム・朝日新聞
概要
木村喜兵衛写真賞(朝日新聞主催)は、戦前・戦後を通じ、日本の写真文化に貢献した写真家・木村伊兵衛の業績を顕彰して1975年に設立されました。厳正な審査のもとに、注目すべき写真の仕事を発表している若手の写真家を選んで、贈られてきました。写真界の「芥川賞」とも形容される本写真賞は、今や、写真文化の一大イベントのひとつとして認知されている権威ある写真賞です。
受賞された方々は、時々の日本の写真表現と時代を切り開く代表的な写真家であり、木村伊兵衛の歴史をとおして、わが国の写真表現の歴史をふりかえり、その近未来を予測することができると言っても過言ではありません。
30年記念となる本展では、30回目の受賞者・中野正貴の作品も含むすべての受賞写真家36人の仕事を紹介します。展示作品数約400点に及ぶ大規模な写真展です。また、近年、アルル写真祭で約30年ぶりに発表され話題となった木村伊兵衛が撮影したカラー作品「Paris 1954-1955」を公開します。(作品点数20点)
会期中、5月1日(日)午後2時より 記念トークショー「木村伊兵衛写真賞の軌跡-受賞作家と語る」を開催いたします。
ぜひご高覧ください。また、貴メディアでご紹介いただけますようお願いいたします。
ホームページ
http://www.kawasaki-museum.jp/
展覧会問合せ先
044-754-4500
会場住所
〒211-0052
神奈川県川崎市中原区等々力1-2
交通案内
武蔵小杉駅 (JR 南武線・横須賀線・湘南新宿ライン、東急東横線・目黒線)から バスで約10分
○ 北口 1番乗り場から 川崎市バス
[杉40] 市民ミュージアム行 終点下車
[杉40] 中原駅行 「市民ミュージアム前」下車すぐ
[溝05] 溝口駅前行 「市民ミュージアム前」下車すぐ
○ 南口「東横線小杉駅」バス停から 東急バス
[川33] 市民ミュージアム行 終点下車
○ 横須賀線口 2番乗り場から 東急バス ※土曜・休日のみ
[杉05] 市民ミュージアム行 終点下車

溝の口駅 (JR 南武線、東急 田園都市線・大井町線)から バスで約20分
○ 北口 3番乗り場から 川﨑市バス
[溝05] 小杉駅行 「市民ミュージアム前」下車 徒歩すぐ
○ 北口 5番乗り場から 東急バス
[溝02] 小杉駅行 「市営等々力グランド入口」下車 徒歩8分

川崎駅(JR)から バスで約40分
○ 西口 北バスターミナル 82番乗り場から 東急バス
[川33] 市民ミュージアム行 終点下車

※当館に専用駐車場はありません。お車でお越しの方は等々力緑地公園内駐車場(有料)をご利用ください。
駐車場ご利用の割引等はございません。
ホームページ
http://www.kawasaki-museum.jp/
神奈川県川崎市中原区等々力1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索