タイトル等
椿絵名品展
巨匠たちが描いた椿の世界
会場
田辺市立美術館
会期
2005-03-05~2005-04-10
休催日
月曜日(ただし、3月21日は開館、翌22日休館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般600円(480円) 大・高生300円(240円) 小・中生150円(100円)
※( )内は20名以上の団体料金
※土曜日は小・中学生及び同伴する保護者、指導者の観覧料無料
主催者
田辺市立美術館
概要
桜と並んで日本を代表する花木、椿は古来より人々に愛でられ「万葉集」にもその名がみられます。美術の分野でも現代にいたるまで様々な色やかたちの椿がモチーフになってきました。今回の展覧会は椿絵のコレクションで知られるあいおい損害保険株式会社のご協力を得て、その名品約80点を一堂に展覧するものです。琳派の作品から横山大観・村上華岳・高山辰雄らの近現代の日本画と岸田劉生・梅原龍三郎・熊谷守一らの油彩画、そして北大路魯山人の工芸品まで、巨匠たちが描いた椿の世界を紹介します。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/
展覧会問合せ先
Tel.0739-24-3770 Fax.0739-24-3771
会場住所
〒646-0015
和歌山県田辺市たきない町24-43
交通案内
「JR紀伊田辺駅」・「JR白浜駅」・「南紀白浜空港」から明光バスで、
「南和歌山医療センター前」または「新庄紀南病院前」下車、徒歩5分。
ホームページ
http://www.city.tanabe.lg.jp/bijutsukan/
和歌山県田辺市たきない町24-43
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索