タイトル等
安東聖空展
昭和のかな書をリードした神戸の巨匠
会場
神戸市立博物館
会期
2005-03-05~2005-04-17
休催日
月曜日(ただし、3月21日は開館、翌3月22日閉館)
開催時間
午前10時~午後5時(ただし、入館は午後4時30分まで)
観覧料
一 般 200円(160円)
高大生 150円(120円)
小中生 100円(70円)
※( )は30名以上の団体料金
概要
安東聖空(あんどうせいくう)(1893~1983)は昭和のかな書芸術を代表する作家のひとりです。兵庫県で生まれ、神戸を本拠地として活躍しました。
聖空は平安時代の古典(古筆)を手本に独学でかな書を研究し、そこから進んで展覧会向けに大字のかなを試みたり、また読みにくい変体がなを廃して平明な表現につとめるなど、文字どおり昭和のかな書をリードし続けました。戦後、創設されたばかりの日展の諸部門で活躍し、日本芸術院賞や文化功労者という栄誉を受けています。
聖空没後、その代表作はご遺族から神戸市立博物館へ寄贈されました。本展はそれらの中から、日展に出品した屏風の大作や聖空百人一首など約50点を展示します。
当館では20年ぶりのまとまった回顧展で、聖空の書業をふりかえる久しぶりの機会です。
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/
展覧会問合せ先
テレホンサービス 078-332-7810
会場住所
〒650-0034
兵庫県神戸市中央区京町24
交通案内
●JR「三ノ宮」駅、ポートライナー・地下鉄(山手線)「三宮」駅、阪急・阪神「神戸三宮」駅から 南西へ徒歩約10分
●JR・阪神「元町」駅から 南東へ徒歩約10分
●地下鉄(海岸線)「旧居留地・大丸前」駅から 南東へ徒歩約5分
●新幹線「新神戸」駅で 地下鉄(山手線)に乗り換え「三宮」駅下車
●神戸空港からは ポートライナーで約18分、「三宮」駅下車
ホームページ
http://www.city.kobe.lg.jp/museum/
兵庫県神戸市中央区京町24
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索