タイトル等
コレクション名作選1 近代日本洋画 -自然と生命-
併催 特集展示 熊谷守一
会場
メナード美術館
会期
2005-03-02~2005-04-24
休催日
月曜日(但し、3月21日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
★3月26日(土)は午後7時まで開館
観覧料
一般700円(600円) 高大生500円(400円) 小中生300円(250円)
( )内は20名以上の団体料金
*障害者手帳をお持ちの方および同行者1名は無料
主催者
メナード美術館
概要
メナード美術館では「愛・地球博」を記念し、コレクション名作選を3回にわたり開催いたします。第1回目の本展では風景画や人物像を中心に、自然を見つめ、生命を感じて描かれた近代日本洋画の名作50点を展観いたします。
人間、動物、植物…生き物はみな自然の恵みを受け生命を育んでいます。そしてどのような風景にも生命は息づいています。日本人ならではの自然観と西洋の描法とを融合させ、独自の表現を追求してきた近代の洋画家たちの足跡をぜひご覧ください。

また、洋画家・熊谷(くまがい)守一(もりかず)の作品からは、いのちの尊さや自然の営みの不思議さが伝わってきます。花や虫など小さな生き物たちが織りなす熊谷ならではの世界を、所蔵の24点によりお楽しみください。

◇主な作品
藤島武二《耕(たがやして)到天(てんにいたる)》 岡田三郎助《裸婦》
坂本繁(はん)二郎(じろう)《林間(りんかん)馬(ば)》 中村彝(つね)《婦人像》
安井曽(そう)太郎(たろう)《焼(やけ)岳(だけ)》 梅原龍三郎《浅間山》
《モデル》 《裸婦鏡》
岸田劉生《林檎(りんご)を持てる麗子》3/2~31展示 《麗子微笑之( びしょうの)立像(りつぞう)》4/1~24展示
前田寛治《家族》 岡鹿之助《森の館》
小磯良平《競馬場にて》
【初公開作品】海老原喜之助《金魚鉢と少年》

併催 熊谷守一《蔵王》《斑猫》《千日草》《地蜘蛛》《向月》《扶桑》
ホームページ
http://www.menard.co.jp/museum/
展覧会問合せ先
メナード美術館 0568-75-5787
会場住所
〒485-0041
愛知県小牧市小牧5-250
交通案内
[公共交通機関]

[名古屋駅より]

名鉄バスセンター「高速バス 桃花台線」 名鉄メンズ館4F のりば[23] ―(40分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

名鉄 名古屋 ―(15分 犬山線)― 岩倉 名鉄バス「小牧駅行き」のりば[1] ―(20分)― 「市民病院前」経由 メナード美術館前 / 「市役所」経由 小牧市民病院北
(豊橋・岡崎方面の方)

[栄より]

栄バスターミナル「高速バス 桃花台線」オアシス21 のりば[8] ―(30分)― 小牧市民病院北
(バス1本で楽々 ※1時間に1~2本)

地下鉄 栄 ―(10分 名城線右回り)― 平安通 ―(20分 上飯田線 (名鉄小牧線乗入れ))― 名鉄 小牧駅


[車]

東名・名神「小牧I.C」名古屋方面…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞
名古屋方面から名古屋高速「小牧南出口」…国道41号線 弥生町の交差点を東へ1㎞

国道19号線「春日井インター東」交差点より西へ約8km


最寄駅:名鉄 小牧駅
[西口] 徒歩15分
[東口] バス 5分
のりば[1] こまき巡回バス
のりば[4] 名鉄バス「岩倉駅行」
ホームページ
http://museum.menard.co.jp
愛知県小牧市小牧5-250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索