タイトル等
美術をまもる、つたえる
武蔵野市所蔵作品から
会場
武蔵野市立吉祥寺美術館
会期
2004-12-07~2005-02-16
休催日
会期中の休館日:12月28日(火)~1月3日(月)、1月26日(水)
開催時間
10:00~19:30
観覧料
100円(但し、小学生以下、65歳以上、障害者は無料)
主催者
主催:武蔵野市立吉祥寺美術館
協力:山領絵画修復工房
概要
武蔵野市では、昭和47年に日本画家・野田九浦の作品や遺品等をご遺族よりご寄贈いただいてから吉祥寺美術館開館までの間、さまざまなジャンルにわたる多くの美術作品をご本人やその関係者からご寄贈いただいてコレクションが形成されてきました。本館は平成14年2月に開館して、まもなく3周年を迎えますが、その間にもさまざまな作品をご寄贈いただき、コレクションはいっそう充実したものとなっています。本展では、主に美術館開館後に受贈した作品や修復を行った作品約20点を展示・紹介します。本館の短い歴史の1ページをご覧いただくとともに、収集や保存という美術館活動の地道な一面もご覧いただければ幸いです。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/index.html
展覧会問合せ先
0422-22-0385
会場住所
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
交通案内
JR中央線、京王井の頭線「吉祥寺駅」下車徒歩約3分。
美術館専用の駐車場はありません。
ホームページ
http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル(コピス吉祥寺A館)7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索