タイトル等
明和電機 ナンセンス=マシーンズ展
会場
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
会期
2004-11-03~2004-12-26
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日)
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般800円、大高生600円、中小生400円
主催者
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
概要
明和電機は、1993年に土佐正道と信道の兄弟によって結成された総合芸術ユニットです。社長、副社長を名乗り、作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼び、テレビやマスメディアへの登場、商品としてのプロダクト制作を行なうなど、これまでのアートの枠組みを越えた活動を続けています。
2001年より弟・信道が社長に就任し、2003年には、世界的なメディア・アートの祭典アルス・エレクトロニカのインタラクティヴ・アート部門で準グランプリを受賞し、また、パリにおける初の海外ライブでも好評を博しました。
このたびICCで開催される「ナンセンス=シーンズ」展は、明和電機の11年にわたる活動の集大成ともいえるもので、魚をモチーフとしたナンセンス・マシーン「魚器(NAKI)」シリーズ、100ボルトで動くナンセンス自動機械楽器「ツクバ(TSUKUBA)」シリーズ、といったこれまでに制作された作品に加えて、2000年より開始された新シリーズ「エーデルワイス」では、3体の歌うロボット《セーモンズ》といった新作が発表され、より完成されたその世界観が提示されます。これらのユニークかつナンセンスな機械の数々が一堂に会し、さらには「明和電機のある暮らし」、「明和電機ショップ」といったコンセプトやストラテジーなどがあますところなく紹介され、ついに明和電機の全貌が明らかにされます。
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp
展覧会問合せ先
フリーダイヤル0120-144199
会場住所
〒163-1404
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
交通案内
電車をご利用の場合

京王新線「初台駅」東口から徒歩2分
(都営地下鉄新宿線乗り入れ, 新宿から2分)


車をご利用の場合

首都高速4号線新宿ランプ下車
山手通り・甲州街道交差点
(東京オペラシティB2F 時間貸駐車場 30分300円)


バスをご利用の場合

渋谷駅西口バスターミナルから約20分
京王バス(渋61・63・66), 都営バス(渋66) 東京オペラシティ南下車.
または, 京王バス(渋64) 東京オペラシティ下車
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/
会場問合せ先
0120-144199
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索