タイトル等
ICC アニュアル2022 生命的なものたち
会場
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
ギャラリーB、ハイパーICC(https://hyper.ntticc.or.jp/)
会期
2022-06-25~2023-01-15
休催日
月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌日)、保守点検日(8/7)、年末年始(12/26-1/4)
※休館日以外においても開館時間の変更および休館の可能性がございます。
開催時間
11:00am~6:00pm
入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 500円(400円)、大学生 400円(300円)/高校生以下無料(事前予約制・当日入場は事前予約者優先)/年間パスポート:1,000円(年度内有効)
※( )内は15名様以上の団体料金

東京オペラシティ アートギャラリーとの相互割引
ICC 受付にて、東京オペラシティ アートギャラリーで同時期に開催の企画展入場券をご呈示いただくと、本展に団体料金でご入場いただけます。また、東京オペラシティ アートギャラリーご入場の際に、本展入場券をご呈示いただいた場合も、団体料金でご入場いただけます(他の割引との併用不可。ご本人のみ1回限り有効)。
主催者
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC](東日本電信電話株式会社)
概要
「ICC アニュアル」は、これまで「オープン・スペース」展として開催してきた展覧会を、コンセプトを継承しながら、6ヶ月間の長期展示としてリニューアルするものです。
新しいメディア・テクノロジーの動向に伴って、それに触発され、更新される、私たちの意識のありようや、現代の社会におけるテクノロジーのあり方を、メディア・アート作品をはじめ、現代のメディア環境における多様な表現によって、別の見方でとらえていきます。

現在の私たちの生活環境には、コンピュテーショナルなテクノロジーがもたらしたシステムがさまざまに実装されています。人間とコンピュータを媒介する技術の変遷は、アルゴリズムが生み出す、生命的な振る舞いによって、より自然に私たちの生活環境に浸透し、また、将来もますます進んでいくでしょう。
一方、自然の現象に見られる再帰性や偶然性を読み解き、自然のメカニズムを解析することで、テクノロジーの側からもうひとつの自然をシミュレーションし、新しい生命のあり方を定義することや、自然や生命、私たち自身をとらえ直すことが可能になりました。
このような「組織化する無機的なもの」の時代において、デジタル技術や自然の現象から生み出された新しい「生命的」なシステムとしての環境からインスピレーションを受け、そのシステムとフィードバックによって生み出された作品、気候変動やジェンダーなどの社会的な問題、NFTやメタヴァースなどの同時代的な技術動向にもとづいた、広がりをもった作品の数々によって、これからのテクノロジーのあり方を考えます。
ホームページ
https://hyper.ntticc.or.jp/life-likeness/
展覧会問合せ先
0120-144199
会場住所
〒163-1404
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
交通案内
電車をご利用の場合

京王新線「初台駅」東口から徒歩2分
(都営地下鉄新宿線乗り入れ, 新宿から2分)


車をご利用の場合

首都高速4号線新宿ランプ下車
山手通り・甲州街道交差点
(東京オペラシティB2F 時間貸駐車場 30分300円)


バスをご利用の場合

渋谷駅西口バスターミナルから約20分
京王バス(渋61・63・66), 都営バス(渋66) 東京オペラシティ南下車.
または, 京王バス(渋64) 東京オペラシティ下車
ホームページ
http://www.ntticc.or.jp/
会場問合せ先
0120-144199
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索