タイトル等
ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念
特別展 化石ハンター展
ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣
さあ、冒険の旅にでかけよう!
会場
国立科学博物館
会期
2022-07-16~2022-10-10
※会期等は変更になる場合がございます。 ※入場方法等の詳細は公式サイトをご確認ください。
休催日
9月5日(月)、12日(月)、20日(火)、26日(月)
開催時間
9時~17時
(入場は16時30分まで)
8月5日(金)~14日(日)は18時まで(入場は17時30分まで)
観覧料
(税込み)
一般・大学生 2,000円
小・中・高校生 600円
※未就学児は無料(要保護者同伴)
※障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください。
※上記料金で、 日本館地球館の常設展示を当日に限りご覧いただけますが、
常設展示の開館時間内に限ります。また、日時指定日の指定時刻の前に常設展示を観覧することはできません。
※チケットのキャンセル・券種変更・払い戻し・再発行はいたしません。再入場はできません。

本展では時間帯ごとに定員を設けております。そのため、ご入場されるお客様は公式サイトより日時指定予約が必要です。当日、博物館で販売する当日券での入場枠も設けておりますが、ご入場までお待ちいただく場合や、入場枠が完売した際はご入場できません。
※土、日曜日、祝日および会期末はご予約いただけない可能性が高くなりますので、早めのご予約をおすすめします。
主催者
国立科学博物館、日本経済新聞社、BSテレビ東京
協賛・協力等
●後援:駐日モンゴル国大使館 ●協力:アメリカ自然史博物館、岡山理科大学、神奈川県立生命の星・地球博物館、群馬県立自然史博物館、高知大学、滋賀県立琵琶湖博物館、千葉県立中央博物館、兵庫県立人と自然の博物館、福井県立恐竜博物館、北海道大学総合博物館、瑞浪市化石博物館、美濃加茂市民ミュージアム、日経サイエンス、日経ナショナル ジオグラフィック ●企画協力:テレビ東京メディアネット
概要
アメリカ自然博物館のロイ・チャップマン・アンドリュース(Roy Chapman Andrews、1884-1960)が、1922年に大規模な調査隊を編成してゴビ砂漠へ探検を開始してからちょうど100年。本展ではこれを記念し、古生物学史上重要な、「中央アジア探検隊」の成果を紹介します。また、アンドリュースに大きな影響を受けた古生物学者たちの研究により明らかになった氷河時代における哺乳類の進化に関する「アウト・オブ・チベット」説を紹介。その説を導き出す証拠となった「チベットケサイ」の全身骨格復元標本を世界初公開します。
ホームページ
https://kaseki.exhn.jp/
展覧会問合せ先
050-5541-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒110-8718
東京都台東区上野公園7-20
交通案内
・JR 「上野」駅(公園口)から 徒歩5分
・東京メトロ 銀座線・日比谷線 「上野」駅(7番出口)から 徒歩10分
・京成線 「京成上野」駅(正面口)から 徒歩10分
・館内に駐車場および駐輪場はございません
ホームページ
http://www.kahaku.go.jp/
会場問合せ先
ハローダイヤル: 03-5777-8600
東京都台東区上野公園7-20
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索